ストレスで「脳」が疲れる時代。緊張を緩和し、かつ適切に対処して要因そのものを減らす「ストレスマネジメント」の技術は働く人の必須スキルだ。多くの相談経験をもとにビジネスパーソンに合った手法を紹介する。

ストレスマネジメント入門

島悟 著/佐藤恵美
定価:本体830円+税
発売日:2007年04月16日
ISBN:978-4-532-11136-6
並製/新書判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ストレスで「脳」が疲れる時代。緊張を緩和し、かつ適切に対処して要因そのものを減らす「ストレスマネジメント」の技術は働く人の必須スキルだ。多くの相談経験をもとにビジネスパーソンに合った手法を紹介する。

目次

  1. [I] あなたを取り巻くストレスを再確認しよう

    [II] ストレスマネジメントに取り組む基盤をつくる

    [III] タイムマネジメント――時間使い上手でストレス激減

    [IV] 認知的ストレス対処法――物事の捉え方が変わればストレスも変わる

    [V] コミュニケーションは身を助ける

    [VI] 適切にサポートを得よう

    [VII] リラクセーションのすすめ

    [VIII] ストレスに強くなるチャレンジングという方法

    [IX] 「働くこと」を見直すキャリアカウンセリング

    [X] ストレスマネジメント活用事例――ストレス生活への処方箋

    おわりに
    ブックガイド

著者・監修者プロフィール

島 悟(しま さとる)

1951年京都生まれ。1975年慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。日本鋼管病院神経科医長・精神衛生室長などを経て現職。専門は勤労者のメンタルヘルス。クリニックではEAP事業を展開し、産業保健スタッフ・管理者向けの研修などを幅広く行う。厚生労働省の「働く女性の身体と心を考える委員会」「過重労働・メンタルヘルス対策等実施支援委員会」「職場におけるメンタルヘルス対策のあり方検討委員会」「メンタルヘルス教育等カリキュラム作成委員会」等の委員や、地方公務員安全衛生推進協会「メンタルヘルスニ次予防対策研究会」委員を務めた。現在 精神科医。産業精神保健研究所所長・神田東クリニック院長。京都文教大学人間学部臨床心理学科教授。世界精神医学会産業精神医学部門長。日本EAP協会会長。 <主な著書>『ストレスマネジメント入門』(共著、日経文庫、2007)、『事例に学ぶ心のトラブル解決法』(中災防新書、2005)、『こころの病からの職場復帰』(編著、至文堂、2004)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

佐藤 恵美(さとう えみ)

1970年東京生まれ。北里大学大学院医療系研究科修了。病院勤務などを経て現職。医療現場および社内のカウンセラーとして個別面談で多くのビジネスパーソンの悩みに向き合い、ストレスマネジメントについてアドバイスしている。また、数多くの企業・団体でメンタルヘルス研修の企画・講師を務める。現在 産業精神保健研究所・神田東クリニック チーフマネージャー。精神保健福祉士。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading