ユーロの登場で、欧州統合は新たな段階に入った。世界最大の経済圏となった欧州経済を、主要各国の産業動向、拡大するEUの行方、日本との関係など多面的に解説。最新の欧州を理解するための最良の入門書。

ベーシック ヨーロッパ経済入門 <新版>

定価:本体950円+税
発売日:2000年03月09日
ISBN:978-4-532-10686-7
並製/小B6判/202ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ユーロの登場で、欧州統合は新たな段階に入った。世界最大の経済圏となった欧州経済を、主要各国の産業動向、拡大するEUの行方、日本との関係など多面的に解説。最新の欧州を理解するための最良の入門書。

目次

  1. プロローグ
    ヨーロッパの国々
    ヨーロッパの政治・経済的枠組み

    1 ヨーロッパとはなにか
       ヨーロッパ経済の歴史的流れ

      1 ヨーロッパはどこからどこまで
      2 ヨーロッパ経済の歴史と展開
      3 ヨーロッパの経済体制と市場経済
         coffee break 神話から名付けられたヨーロッパ
         coffee break 英連邦は大英帝国のなごり?
         coffee break オーストリアの極右政党

    2 EUと通貨統合
       欧州統合の歴史

      1 スタートした欧州単一通貨「ユーロ」
      2 欧州統合の歴史と目的
      3 EUの機構と政策
         coffee break ユーロ紙幣とユーロ通貨
         coffee break ソクラテス・エラスムス計画

    3 産業と金融の動向
       チャート

      1 経済のグローバル化と欧州産業の再編
      2 貿易の変化と農業問題
      3 激震続く欧州金融界
      4 ヨーロッパの日本企業
         coffee break 新幹線より速いTGV
         coffee break ベアリングズ事件

    4 西ヨーロッパ諸国の経済
       チャート

      1 ニューエコノミクスの興隆 ―――イギリス
      2 ユーロ経済圏の軸――― ドイツ
      3 変わる経済 ――― フランス・ベネルクス
      4 欧州の活力 ――― 地中海諸国
      5 見直される制度 ――― 北欧諸国
         coffee break 世紀の大引っ越し ――― ドイツの首都機能移転
         coffee break 日本人よりも日本に詳しいシラク大統領
         coffee break 「エメラルド・タイガー」アイルランドの成功

    5 EU拡大と東欧・旧ソ連
       チャート
      1 EU加盟へ ――― 中欧諸国
      2 苦闘続く ――― バルカン諸国
      3 市場経済に揺れる ――― ロシア
      4 自立へ苦闘 ――― 旧ソ連諸国
         coffee break 経済に必要なソフトの移転
         coffee break 急速に進む人口減少

    <用語解説>

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社 (にほんけいざいしんぶんしゃ )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading