「アイデアメモ」で大変身! こうすれば誰でも驚くほど成長する。マッキンゼーで14年間活躍した、『ゼロ秒思考』の著者最新作!

成長思考
心の壁を打ち破る7つのアクション

定価:本体1,400円+税
発売日:2016年07月22日
ISBN:978-4-532-32090-4
並製/四六判/204ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
はがきサイズPOP
/227 KB
ダウンロード
A4サイズPOP
/2 MB

おすすめのポイント

「アイデアメモ」で大変身! こうすれば誰でも驚くほど成長する。マッキンゼーで14年間活躍した、『ゼロ秒思考』の著者最新作!

人は誰でも大いに「成長」することができます。成長することは、人にとってごく自然なことで、決して特別なことではないからです。

これまで、「成長できるといいな」という思いが漠然とあったとしても、成長することを強く意識して取り組み続け、素晴らしい結果を出された方は限られていると思います。また、「そうした意識や取り組みを続けることで、確実に成長できる」ということも、あまり考えられていなかったと思います。それは、成長が「結果として、できた」ものであり、「準備し、仕掛る」ものとして見ることができていないからです。

成長するためには、誰でもできる方法論とステップがあります。適切な目標設定をし、自信を持つためのあらゆる工夫をし、意識して小さな成功体験を積み上げ、ポジティブな人と付き合い、コンディショニングをし、仲間を作って一緒にやっていくと確実に変わります。どんな人でも成長し続けることができるようになります。
本書では、たとえば以下のような、誰でもすぐに実践できる成長のためのアクションとノウハウを紹介します。

・思い切ってハードルを下げる
・つらくない努力、楽しくなる努力をする
・決めつけずにいろいろ違うやり方でやってみる
・種まきをしておく
・ポジティブな人から刺激を受ける
・常にベスト・コンディションを維持する
・人の力をどんどん借りる        など


「アクションシート」をダウンロードして活用しよう!

本書で紹介した「アイデアメモ」は、こちらからダウンロードできます。今後、自信を持って取り組み続けるために、継続して成長し続けるために、ポジティブな見方をし続けるために、成長のための7つのアクションをどんどん実行していくために、ぜひ、友人や同僚、周囲の方々を誘って4人以上で実施してみてください。大きな発見があるだけでなく、7つのアクションを実行していくときの素晴らしい仲間が得られると思います。


*PDF形式でダウンロード

*編集可能なPower Point形式でダウンロード

目次

  1. 第1章 成長を妨げる心理的ブロック

    第2章 成長できたのはどんなときか

    第3章 成長できなかったのはどんなときか

    第4章 成長するための出発点

    第5章 成長するための7つのアクション
    アクション1 思い切ってハードルを下げる
    アクション2 つらくない努力、楽しくなる努力をする
    アクション3 自信を持つための工夫をする
    アクション4 好循環を生み出す
    アクション5 ポジティブ思考を身につける
    アクション6 コンディションを維持する特別な工夫をする
    アクション7 人の力を借り、仲間と一緒に成長する

著者・監修者プロフィール

赤羽 雄二(あかば ゆうじ)

ブレークスルーパートナーズ株式会社 マネージングディレクター東京大学工学部を1978年に卒業後、コマツで建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。83年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程修了。86年マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。90年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズを共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。
著書に『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』『ゼロ秒思考 行動編』(いずれもダイヤモンド社)、『世界基準の上司』(KADOKAWA)、『世界一シンプルなこころの整理法』(朝日新聞出版)、『頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方』(KKベストセラーズ)、『7日で作る 事業計画書』(明日香出版社)、『頭を前向きにする習慣』(幻冬舎)、『マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング』『マンガでわかる! マッキンゼー式リーダー論』(いずれも宝島社)、『もうこれで英語に挫折しない』(祥伝社)、『アクションリーディング』(SBクリエイティブ)、『すごい成果をあげているリーダーが実行している40の習慣』(PHP研究所)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading