実務プロセスに沿ったマーケティング・プランの作成ノウハウと実践方法をわかりやすく解説したロングセラーの最新版。細分化する市場と消費者の捉え方がよくわかる一冊。

定価:本体860円+税
発売日:2008年09月18日
ISBN:978-4-532-11188-5
並製/新書判/224ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

実務プロセスに沿ったマーケティング・プランの作成ノウハウと実践方法をわかりやすく解説したロングセラーの最新版。細分化する市場と消費者の捉え方がよくわかる一冊。

CRM(Customer relationship management)についての解説を追加。またIT・ネットを利用したマーケティングの浸透やチャネルの多様化に対応し、全体を大幅に改訂。

目次

  1. まえがき

    [I] マーケティング活動とは
     1企業経営とマーケティング
     2事業戦略とマーケティング戦略
     3マーケティング・プロセスの理解
     4マーケティング・プランの構成法
     5基本はフォーカスとミックス 

    [II] 市場の構造を見定める
     1自社の業績レビューと業界の概観
     2市場構造分析
     3消費者のとらえ方 
     4マーケティング環境の構造

    [III] 競争市場を知る
     1競合分析
     2需要予測
     3マーケティング・リサーチ

    [IV]マーケティング目標と戦略策定
     1マーケティング目標の意義
     2目標と戦略
     3マーケティング目標の設定
     4マーケティング戦略

    [V]マーケティング・ミックスの実際
     1自社ブランドを生かした製品戦略
     2自社のポジショニングに基づく価格戦略
     3製品の特性を生かす流通チャネル戦略
     4ミックス効果を最大化するプロモーション(コミュニケーション)戦略 

    [VI]顧客との関係性を築き、育てる
     1マス・マーケティングから個別のマーケティングへ
     2顧客関係性のマーケティング
     3効率性追求のための顧客戦略

    [VII]マーケティングと組織課題
     1マーケティング活動の実践
     2マーケティング・プラン作成上の課題
     3統合型マーケティングに向けて

    主要参考文献
    索引

著者・監修者プロフィール

木村 達也(きむら たつや)

1958年生まれ。広告代理店勤務の後、ブリティッシュ・エアウェイズ、フィリップモリス等でブランド・マネジャー、プロダクト・マネジャーとしてマーケティング戦略の策定、実施に携わる。早稲田大学商学部卒。英国ランカスター大学大学院(MBA修了。現在、早稲田大学ビジネススクール教授。学術博士(早稲田大学)。 <主な著訳書>『マーケティング活動の進め方』(日経文庫)、『現代のマーケティング』(大学教育出版)、『経営戦略論』(共著、創成社)、『現代マーケティングの革新と課題』(共著、東海大学出版会)、『コトラーの戦略的マーケティング』(訳、ダイヤモンド社)、『MBA全集2 マーケティング』(監修、ダイヤモンド社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading