単なる能力主義では間違う! 人事改革のモデルとして注目される武田薬品の元総責任者が語る「成功する革新」の要諦。体験をもとに、経営戦略と組織の関係、成果主義の導入、全社への浸透まで、一連のステップを解説する。

わかりやすい人事が会社を変える
「成果主義」導入・成功の法則

定価:本体1,700円+税
発売日:2001年05月09日
ISBN:978-4-532-14914-7
上製/四六判/339ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

単なる能力主義では間違う! 人事改革のモデルとして注目される武田薬品の元総責任者が語る「成功する革新」の要諦。体験をもとに、経営戦略と組織の関係、成果主義の導入、全社への浸透まで、一連のステップを解説する。

目次

  1. 序 変革の方向づけ

    第1部 なぜ会社を変えなければならなかったか

        1 焦燥----なぜ変わらなければならなかったか
        2 理念----社会から尊敬される会社を目指す
        3 現実----果たしてこの会社が変われるだろうか
        4 反発----どうせ変わりっこないさ
        5 挑戦----失敗の許されない実験が始まった
        6 意志----経営トップ自らを改革する
        7 反省----計画は途中で見直してみよう

    第2部 人が変わらなければ会社は変わらない

        8 主張----成果主義の人事制度を目指して
        9 助走----改革の第一ステップ
        10 浸透----透明度の高い評価制度を確立する
        11 実践----成果重視の報酬体系を実現する
        12 選抜----コンピテンシーに基づく人材育成
        13 決断----分社化への動き

    第3部 人事革命は終わらない

        14 検証----会社は、従業員の意識はどこまで変わったか

    エピローグ これからどうなって行くのか
           ----変えるべきもの、変えてはいけないもの

著者・監修者プロフィール

柳下 公一(やなした こういち)

人事コンサルタント。1934年生まれ。1958年東京大学法学部卒業、武田薬品工業入社。人事部長、常務取締役、専務取締役などを歴任。この間、人事部門の責任者として同社の人事制度改革を陣頭指揮した。2002年同社顧問を辞す。 <主な著書>『ここが違う!「勝ち組企業」の成果主義』

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading