介護が必要になっても美味しいものを食べたいという気持ちは変わらない。介護奮戦中の著者が、無理なく、あまり手を掛けず、でも美味しい、そんな料理を春・夏・秋・冬98品のわかりやすいレシピで紹介!

介護しながら作る介護食
ヘルパーさんにも読んでほしい

定価:本体1,500円+税
発売日:2005年05月17日
ISBN:978-4-532-16513-0
並製/A5判/152ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

介護が必要になっても美味しいものを食べたいという気持ちは変わらない。介護奮戦中の著者が、無理なく、あまり手を掛けず、でも美味しい、そんな料理を春・夏・秋・冬98品のわかりやすいレシピで紹介!

目次

  1. はじめに
    介護食を作るポイント
    とろみ製剤と調理器具について
    だしの取り方

    ◆春
    鶏つくねとふきの煮物/鯛のちり蒸し/かつおのたたき/長芋と桜えびのかき揚げ/若竹煮  他
    春の献立A
     鯛のたたき長芋かけ たけのこご飯 若竹汁 ほうれん草のお浸し
    春の献立B
     白身魚の木の芽マヨネーズ焼き えんどう豆の煮物 あさりのみそ汁 新キャベツとしその即席漬け
    春の介護食日記

    ◆夏
    煮とんかつ/あじの南蛮漬け/いわしの梅煮/あっさりハンバーグ/棒棒鶏  他
    [コラム]市販のおかずを買う&使う工夫
    夏の献立A
     ささみの梅じそ揚げ 長芋の白みそとろろ汁 きゅうりもみ なすとみょうがの浅漬け
    夏の献立B
     鮭ときゅうりのばらずし じゅんさいと絹ごし豆腐の吸い物 なすの揚げ浸し
    夏の介護食日記

    ◆秋
    秋刀魚の山椒煮/秋刀魚の塩焼き/さばのみそ煮/さばの竜田揚げ/鮭のねぎみそ焼き  他
    秋の献立A
     鮭のホイル焼き きのこの炊き込みご飯 冷凍小芋の煮物 かき玉汁 かぶの即席漬け
    秋の献立B
     肉じゃが ほうれん草の白あえ えのきと揚げの味噌汁
    秋の介護食日記

    ◆冬
    かきのクリームシチュー/ぶりのたたき造り/たらの野菜あんかけ/たらのおろし煮/かぶとかにのくず煮  他
    冬の献立A 
    ぶりの照り焼き はまぐりの潮汁 ふろふき大根 ブロッコリーのお浸し
    冬の献立B
    和風ポトフ 菜めし かぶの甘酢漬け りんごのシロップ煮
    冬の介護食日記

    ◆豆腐
    揚げ出し豆腐/豆腐の油焼き 木の芽みそ/肉豆腐/湯豆腐のきのこあんかけ/豆腐のくず煮/冷奴

    ◆お菓子
    抹茶入りミルクゼリー/白玉だんご きな粉ソース/小豆かん/ミルクゼリー いちごのソース/カボスゼリー  他

    ヘルパーさんにお願いしたいこと
    おわりに

著者・監修者プロフィール

横田 節子(よこた せつこ)

家庭料理研究家。1953年、大阪生まれ。1973年、甲南大学在学中、土井勝料理学校に入社。7年間同校で家庭料理指導。1986年、自宅にて地域の主婦、OLを対象に、ちょっとの工夫で手軽に出来る美味しい料理作りをモットーとした横田料理教室主宰。自宅での料理教室と並行して、1990年より、惣菜大手食品会社(株)ロック・フィールドの料理顧問。商品開発、社員料理勉強会等に携わり、今日に至る。2000年秋、同居中の実母が脳梗塞で倒れ、介護のため、14年間の自宅での料理教室を閉鎖。在宅介護をしながら、介護されるようになっても、食べる楽しみ、美味しいものを食べたいという気持ちは誰にでもあると思い、介護しながらの、無理のない介護食作りの提案をするために、初めて『介護しながら作る介護食』(日本経済新聞社刊)を著す。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading