アメリカ経済復活の主役となり、IT革命で世界を席巻したシリコンバレー。なぜここだけが華々しい成功を収めることが出来たのか? その成長の原動力を余すことなく解明する初の体系的シリコンバレー分析の書。

定価:本体2,500円+税
発売日:2001年12月20日
ISBN:978-4-532-14951-2
上製/四六判/315ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

アメリカ経済復活の主役となり、IT革命で世界を席巻したシリコンバレー。なぜここだけが華々しい成功を収めることが出来たのか? その成長の原動力を余すことなく解明する初の体系的シリコンバレー分析の書。

目次

  1. 第1章 シリコンバレーという生息地

    第2章 この地域の奥義――シリコンバレーの知識の原動力


    第 I 部 シリコンバレーの現在――当事者たちの視点


    第3章 シリコンバレーの構造発展の軌跡

    第4章 シリコンバレーでの人生――地域発展を間近に見て

    第5章 ビジネスモデルの革新

    第6章 シリコンバレーにおける四種類の起業家精神

    第7章 すべてを変える――インターネット革命とシリコンバレー


    第 II 部 シリコンバレーの変遷


    第8章 フェアチャイルド・セミコンダクターの影響力

    第9章 偶然か戦略か――技術と市場がシリコンバレーを優遇する

著者・監修者プロフィール

リー,チョン・ムーン(りー ちょん・むーん)

スタンフォード大学アジア太平洋研究センターの顧問教授であり、アンベックス・グループの会長兼CEO、またS3の名誉会長。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ミラー,ウィリアム・F(みらー うぃりあむ・えふ)

スタンフォード・ビジネススクールで公共事業および企業の経営を専門とするハーバード・フーバー名誉教授。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ハンコック,マルガリート・ゴン(はんこっく まるがりーと・ごん)

スタンフォード大学のアジア太平洋研究センターでシリコンバレー・ネットワーク・プロジェクトを運営管理。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

ローエン,ヘンリー・S(ろーえん へんりー・えす)

スタンフォード大学アジア太平洋研究センターの所長。フーバー研究所の上級研究員。スタンフォード大学ビジネススクールの公共政策管理学の名誉教授でもある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

中川 勝弘(なかがわ かつひろ)

1942年生まれ。1965年東京大学法学部卒業、通商産業省入省。1970年ハーバード大学大学院留学、行政学修士。貿易局長、大臣官房長、機械情報産業局長、通商産業審議官などを経て、1998年東京海上火災保険顧問、2000年東京海上キャピタル会長、2001年よりトヨタ自動車常務取締役。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。