今やビジネスには欠かせないデータベース。このシステムの基本を専門用語に頼らず実例を用いて解説した画期的入門書。話題のデータウェアハウスの本質にも言及。文系、理系を問わず、データを扱う全ての人の入門書。

定価:本体830円+税
発売日:1998年10月08日
ISBN:978-4-532-10779-6
並製/新書判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

今やビジネスには欠かせないデータベース。このシステムの基本を専門用語に頼らず実例を用いて解説した画期的入門書。話題のデータウェアハウスの本質にも言及。文系、理系を問わず、データを扱う全ての人の入門書。

目次

  1. プロローグ 企業情報システムとデータベースの役割
     1 広がるデータベース活用
     2 データベースシステムの構成
     3 業務を改善するデータベース設計
     4 統合データベースによる業務の効率化
     5 データウェアハウスの基本
     6 データウェアハウスの設計と活用
     エピローグ

著者・監修者プロフィール

中村 史朗(なかむら ふみお)

1970年東京工業大学電気工学科卒業。同年、日立製作所に入社。システム開発研究所でデータベースとグループウエアの研究開発に従事。79年カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学。91年よりビジネスシステム開発センタに移り、データベース、データウエアハウス、グループウエアのコンサルテーションを担当。日立製作所ビジネスシステム開発センター開発部主任技師高度情報処理技術者(データベーススペシャリスト)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。