ヒト基準からシゴト基準へと変わる人事制度。職能主義に代わり職務・役割主義の導入が進んでいる。仕事に値段をつける考え方で組織をどう変革できるか。設計・導入から運用までの要点を実務に即して丁寧に解説。

職務・役割主義の人事

定価:本体830円+税
発売日:2006年04月17日
ISBN:978-4-532-11101-4
並製/新書判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ヒト基準からシゴト基準へと変わる人事制度。職能主義に代わり職務・役割主義の導入が進んでいる。仕事に値段をつける考え方で組織をどう変革できるか。設計・導入から運用までの要点を実務に即して丁寧に解説。

目次

  1. [I] 人材マネジメントの基軸――仕事基準・人基準
     1 仕事基準・人基準とは
     2 仕事基準・人基準の歴史と現状
     3 職務主義・役割主義・職能主義の特徴

    [II] 仕事基準の人材マネジメント
     1 職務・役割の捉え方
     2 職務・役割価値の見極め方
     3 仕事基準の人材マネジメントの全体像

    [III] 役割主義にもとづく人事制度
     1 グレード制度
     2 評価制度
     3 報酬制度

    [IV] 役割主義にもとづく人材フローマネジメント
     1 人材フローシステム
     2 人材開発システム
     3 人基準との組み合わせ方

    [V] 役割主義導入の実際
     1 役割主義の導入事例
     2 導入プロセスの実際

    [VI] 役割主義を機能させるための課題
     1 ハード面の課題――戦略・組織マネジメントとの整合性
     2 ソフト面の課題――2つのリーダーシップ

著者・監修者プロフィール

長谷川 直紀(はせがわ なおき)

マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング シニア・コンサルタント。国内外のさまざまなステージにあるクライアント企業に対する、組織と人に関する包括的なコンサルティングを多数手がける。代表的なテーマは、組織改革・組織開発(OD)、人材マネジメント戦略立案、人事制度設計・導入・定着、組織風土改革、リーダーシップ開発、プロフェッショナル人材開発など。最近では、組織変革に対するコンテンツ・プロセスの両面からの支援、事業戦略と連動した人材戦略立案のファシリテーション的支援、営業プロフェッショナルの育成・開発支援等のプロジェクトを主にリードしている。さくら銀行(現三井住友銀行)を経て現職。東京大学文学部社会学専攻卒業。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading