選挙の投票先、どう決めればいい?
池上流・メディア活用術とは
テロと難民問題、日本がすべきこととは
―池上彰からのメッセージ

池上彰の君たちと考えるこれからのこと

池上彰
定価:本体1,200円+税
発売日:2016年04月27日
ISBN:978-4-532-16989-3
並製/四六判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

選挙の投票先、どう決めればいい?
池上流・メディア活用術とは
テロと難民問題、日本がすべきこととは
―池上彰からのメッセージ

■日経新聞本紙朝刊の大人気連載「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」の書籍化第二弾!

■本書は池上氏が東京工業大学で「ニュースから現代を見る」と題する講義を受け持ち、大学生に現代史やニュースの解説をするなかで、新たに感じたこと、東工大生(や、彼らと同年代の若者たち)へ伝えたいメッセージなどを記した一冊。

 18歳選挙権引き下げ、パリのテロ事件、ヨーロッパの難民問題、東芝の不祥事、安保法制……など、さまざまな時事ニュースを足がかりに、私たちはなにを考えるべきか、どう考えたらよいかについて、思いをつづります。

目次

  1. 第1部 歩み出す君に

    第2部 世界の中の日本

    第3部 歴史はどこへ向かうのか

    第4部 考えること、生きること

著者・監修者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)

ジャーナリスト。東京工業大学特命教授。
1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題を担当する。1994年から11年にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年よりフリーになり、書籍やテレビ、選挙報道等でニュースをわかりやすく解説し幅広い人気を得ている。著書に『池上彰のやさしい経済学』『池上彰の教養のススメ』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading