会計不信をいかに払拭するか。監査の基本から一連の手続きまで、実務担当者が知っておくべき基礎をコンパクトに解説した好評既刊の最新版。キャッシュフローなど「会計ビッグバン時代」に合わせ内容を全面改訂。

会計監査の知識<第5版>

川口勉
定価:本体0円+税
発売日:2004年05月17日
ISBN:978-4-532-11019-2
並製/新書判/227ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

会計不信をいかに払拭するか。監査の基本から一連の手続きまで、実務担当者が知っておくべき基礎をコンパクトに解説した好評既刊の最新版。キャッシュフローなど「会計ビッグバン時代」に合わせ内容を全面改訂。

目次

  1. [I] 監査とは
     1 監査とは
     2 監査の歴史
     3 監査の機能  他

    [II] 監査が実施されるまで
     1 監査実施の手順
     2 監査契約
     3 監査実施前に理解しておくべきこと

    [III] 監査計画の策定
     1 監査計画の必要性
     2 監査計画書作成の準備
     3 監査計画書作成の基本方針  他

    [IV] 統制リスクの評価
     1 統制リスクとは
     2 統制リスクの評価手順
     3 内部統制  他

    [V] 実証手続の実施
     1 実証手続とは
     2 統制リスクの評価と実証手続
     3 発見リスクと実証手続  他

    [VI] 監査意見の形成と監査報告
     1 期末監査の概要
     2 連結財務諸表の監査
     3 継続企業の前提に関する検討  他

著者・監修者プロフィール

川口 勉(かわぐち つとむ)

1946年静岡県に生まれる。1969年慶応義塾大学商学部卒業。1971年慶応義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。1974年公認会計士登録。1996年~1998年公認会計士第2次試験委員。現在、中央青山監査法人代表社員、中央大学客員教授。 <主な著書>『例解連結会計の実務』(共著、第一法規)、『公認会計士監査の実務』(共著、清文社)、『ベンチャー企業の経理戦略』(共著、中央経済社)、『企業競争力の秘密』(共著、中央経済社)、『会計監査の知識』(日本経済新聞社)、『日経を読むための会計学の基礎知識』(日本経済新聞社)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading