27年ぶりの宅急便値上げと総量抑制。ヤマトの決定から始まった混乱は、まだ終わっていない。その真相に日経記者が迫る。

定価:本体1,500円+税
発売日:2017年10月13日
ISBN:978-4-532-32177-2
並製/四六判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

27年ぶりの宅急便値上げと総量抑制。ヤマトの決定から始まった混乱は、まだ終わっていない。その真相に日経記者が迫る。

2017年春。ヤマトが宅急便の総量抑制を決め、続いて27年ぶりの値上げを発表した。
日本の物流を支える「動脈」として機能していたヤマトに、何が起こったのか。
本書はその真相に迫るルポである。

「小倉イズム」に基づいて常に顧客第一を訴えてきたヤマトの「変心」は、多くの人々を驚かせた。
背景には多くの日本企業が抱える過剰サービスへの呪縛がある。

何を、どこまで消費者に提供するのか。
「働き方改革」「人手不足」のなかで、優先すべきは何なのか。
実際に過剰サービスからの転換を訴えたとき、顧客企業や現場にどんな混乱が起こるのか。
そして、本当に「危機」は去ったのか。
本書で描かれている混乱は、物流・小売り関係者のみならず、
サービス業に携わる多くの人々にとって参考になるはずだ。

ヤマトを中心に、佐川、日本郵便などの物流業者、
アマゾン、楽天、ヤフーをはじめとするネットサービス業者など、
幅広い取材をもとに、危機の実像と未来像を描き出す。

目次

  1. 序 章 ヤマトの戦い

    1章 誤算

    2章 労使の握手

    3章 27年ぶりの値上げ

    4章 広がる混乱

    5章 再生なるか「社会のインフラ」

著者・監修者プロフィール

日本経済新聞社 (にほんけいざいしんぶんしゃ )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading