緩和継続政策は行き詰まり、経済・市場の混乱は避けられない。異次元緩和の早急な打ち切りを唱え、量的緩和政策の是非を改めて問う。

異次元緩和の終焉
金融緩和政策からの出口はあるのか

定価:本体1,800円+税
発売日:2017年10月17日
ISBN:978-4-532-35748-1
上製/四六判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

緩和継続政策は行き詰まり、経済・市場の混乱は避けられない。異次元緩和の早急な打ち切りを唱え、量的緩和政策の是非を改めて問う。

○異次元金融緩和が導入されてから、4年たった。2018年には黒田総裁の任期も来る。いまこそ、総括と展望が必要な時だ。日銀は、2016年9月に、「総括的な検証」を行っているが、とても十分とは言えない。

○異次元緩和は、日本経済のどこをどのように変えたのか? 基本的には、経済の基本を改善せず、国債市場を歪めただけの結果に終わった。日本銀行が意図したこと、意図の背後にある理論的な枠組みのどこに問題があったのか?そもそも目標や理論が間違っていたのではないか?

○このまま大量の国債購入が続くと、脱却はきわめて困難になる。なぜなら、金融市場の混乱などの問題解決がますます難しくなるからだ。また、仮に目標インフレ率が実現すると、日銀の財務上の問題、財政負担の増加などの問題が深刻になる。

○いま必要なのは、インフレ目標の達成にこだわることなく、できる限り早く異常な政策から脱却することだ。その際に起こりうる経済と市場の混乱を最小限にとどめるために、何が必要かを早急に検討すべきだ、と著者は説く。

目次

  1. 序 論 「金融政策の死」を「経済の死」につなげぬために

    第1章 効果なしと分かっていた量的緩和をなぜ繰り返したのか?

    第2章 弊害の大きいマイナス金利と長期金利操作

    第3章 評価(1)物価上昇率目標は達成できず

    第4章 評価(2)消費を増やさず、格差が拡大した

    第5章 世界は金融緩和政策からの脱却を目指す

    第6章 出口に立ちふさがる深刻な障害

    第7章 本当に必要なのは構造改革

著者・監修者プロフィール

野口 悠紀雄(のぐち ゆきお)

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。

主な著書:『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞政治経済部門)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)、『「超」整理法』(中公新書)。近著に『金融政策の死』『円安待望論の罠』(日本経済新聞出版社)、『戦後経済史』(東洋経済新報社)、『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』『仮想通貨革命』『2040年問題』『「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる』『英EU離脱! 日本は円高に対処できるか』(いずれもダイヤモンド社)、『変わった世界 変わらない日本』『話すだけで書ける究極の文章法』(講談社)、『知の進化論』(朝日新聞出版)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading