教育費は、いつ、いくらかかる? どう準備するのがトク? そもそもの疑問から実践的な資産運用方法まで、わかりやすく解説。

「教育費をどうしようかな」と思ったときにまず読む本

定価:本体1,500円+税
発売日:2017年10月20日
ISBN:978-4-532-35747-4
並製/四六判/272ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

教育費は、いつ、いくらかかる? どう準備するのがトク? そもそもの疑問から実践的な資産運用方法まで、わかりやすく解説。

教育費が2,000万円超かかる場合も!
知らないと損! 公的助成、奨学金を使い倒そう!

人生の3大資金の1つ、教育費について、子どもの成長に合わせて、必要な時期に、必要な金額を用意する方法を実践的に指南します。中学校から私立なら、教育費が2,000万円超かかる場合も。早めに備えておくことが重要です。

地方自治体などから支給される公的助成のほか、さまざまな機関から提供される奨学金など、教育費の助けになる制度は多数存在します。これらを徹底活用して、教育費のピークを乗り切りましょう。

また、元本保証で着実に増やす方法、リスクをとってより積極的に増やす方法に分けて、教育資金作りのノウハウを具体的に解説します。

【本書の主な内容】
・中学校から私立なら総額2,000万円超も
・「お受験」するなら1年150~200万円が最低ライン
・教育資金づくりのキホンは「児童手当」
・学資保険の魅力と注意点
・教育費は“貯蓄"と“投資"の2本立て
・わが家に合ったお得な運用制度
・フル活用したい3つの公的助成
・奨学金の利息を抑える方法
・大学独自の奨学金で負担軽減
・成績良好なら大学の授業料免除も
・教育ローンの上手な使い方
・祖父母からの援助を活かす方法
など、経験豊富なファイナンシャル・プランナー(FP)が、役立つ情報・ノウハウを多数提供します!

目次

  1. 第1章 いつ、どれだけ、お金がかかるのか
    1 知らぬ間に陥りがちな2つの「落とし穴」
    2 教育費の総額を確認しよう
    3 各ルートの教育費の中身

    第2章 受験にかかるお金
    1 私立・国立幼稚園の「お受験」をする場合
    2 私立・国立小学校の「お受験」をする場合
    3 国立・私立・公立中高一貫校を受験する場合
    4 高校受験をする場合
    5 大学受験をする場合

    第3章 教育費に預金・保険で備える
    1 教育資金づくりのキホンは「児童手当」
    2 「学資保険」の魅力と注意点
    3 「財形貯蓄」は会社員の王道
    4 「定期預金」で手堅く増やす

    第4章 教育資金を投資で増やす 147
    1 〝貯蓄〟と〝投資〟の2本立てで準備
    2 わが家に合ったお得な運用制度を検討

    第5章 奨学金、公的制度の徹底活用法
    1 公的な助成・補助金をもれなく活用しよう
    2 さまざまな奨学金をどう使えばよいか
    3 教育ローンのメリットを活かす

    第6章 ケーススタディ 教育資金のやりくり
    1 住宅ローンの一工夫で、教育資金のゆとりを1000万円つくるケース
    2 祖父母からの援助を活かすケース
    3 兄弟姉妹で、習い事費が膨張するケース

著者・監修者プロフィール

竹下 さくら(たけした さくら)

ファイナンシャル・プランナー(CFPⓇ)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士資格者、千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科(MBA課程)客員教授
兵庫県神戸市生まれ。慶応義塾大学商学部にて保険学を専攻。卒業後、損害保険会社・生命保険会社の本店業務部門等を経て、1998年よりFPとして独立、現在に至る。「なごみFP事務所」を共同運営。主に個人向けのコンサルティングに従事し、講師・執筆活動なども行っている。
著書は『「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本 改訂第3版』『「介護が必要かな」と思ったときにまず読む本』『「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本』(以上、日本経済新聞出版社)、『最新版 ローン以前の住宅購入の常識』『日本一わかりやすいお金の本』(以上、講談社)、『親と子の夢をかなえる! “私立"を目指す家庭の教育資金の育てかた』(共著、近代セールス社)、『事実婚・内縁 同性婚 2人のためのお金と法律』(共著、日本法令)など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading