つらい逆境も「まあ、ええか」と笑いながら乗り越えてきた。女性起業家で弁護士、中国ビジネスのコンサルも行う著者の感動の半生記。

逃げ切る力
逆境を生かす考え方

馬英華
定価:本体1,600円+税
発売日:2017年12月05日
ISBN:978-4-532-32160-4
並製/四六判/300ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

つらい逆境も「まあ、ええか」と笑いながら乗り越えてきた。女性起業家で弁護士、中国ビジネスのコンサルも行う著者の感動の半生記。

立ちはだかる規制の壁。同業他社からの横やり。
「中国人」という壁と、浴びせられる心ない発言。
夫の死。実の母親がつくった過酷すぎる環境──

本書は、女性起業家で、弁護士、中国ビジネスのコンサルティングも行う馬社長の半生記である。
次々と襲い来る逆境から抜け出すために、必死に今日を生きぬいてきた。
そんな馬さんの「前向き思考」は、苦しい環境にいる読者にとって、大きな力になるだろう。
日経電子版の好評連載を単行本化!

目次

  1. はじめに 8歳の私へ

    1章 男尊女卑の壁
       ――5歳で子どもを卒業した私

    2章 外国人の壁
       ――奇跡が生んだ「日本」との出会い

    3章 規制の壁
       ――誕生・中国人女性社長

    4章 文化の壁
       ――妻・母、弁護士、そして社長であるということ

    おわりに

著者・監修者プロフィール

馬 英華(ま えいか)

東京エレベーター社長
中国大連市生まれ。大学4年生の時に来日、1990年早稲田大学法学部に入学。修士を経て99年同大学院法学研究科博士後期課程修了。96年に中国弁護士資格を取得後、97年に日本で東京エレベーターを設立。2004年に同社代表取締役に就任。一方、上海の法律事務所に所属し、中国に進出している多数の企業の顧問弁護士やコンサルティング業務を務める。日中ビジネスを熟知する経営者・弁護士として執筆や講演も行う

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading