非正規社員の割合は全雇用者数の3分の1を超え、人材の多様化にあわせた職場のマネジメントが求められている。本書は、パート・アルバイト、派遣、契約社員、請負などの活用のポイントをコンパクトに解説する。

パート・契約・派遣・請負の人材活用 第2版

佐藤博樹 編著
定価:本体900円+税
発売日:2008年11月18日
ISBN:978-4-532-11182-3
並製/新書判/176ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

非正規社員の割合は全雇用者数の3分の1を超え、人材の多様化にあわせた職場のマネジメントが求められている。本書は、パート・アルバイト、派遣、契約社員、請負などの活用のポイントをコンパクトに解説する。

2008年3月施行の労働契約法、4月に改正されたパートタイム労働法ほか、法改正にあわせて内容を全面改訂。派遣法改正についての最新動向も盛り込む。

目次

  1. まえがき

    [I] 多様化する人材とポートフォリオの考え方
     1 これからの人材活用戦略
     2 自社内で処理すべきか、外部化は可能か
     3 どのように配置するのか
     4 法律上の制約はどうなっているのか
     5 本書の構成

    [II] パート・アルバイト社員の活用法
     1 パート社員活用のメリット・デメリット
     2 社員とパート社員の仕事の区分けをどうするか
     3 人事制度のポイント
     4 アルバイト社員の活用
     5 パート・アルバイトの社員への登用
     6 法律とのかかわり

    [III] 契約社員の活用法
     1 契約社員の二つのタイプ
     2 専門職型の活用
     3 一般職型の活用

    [IV 派遣社員の活用法
     1 派遣社員活用のメリット・デメリット
     2 パートや契約社員との使い分け
     3 活用のポイント
     4 派遣期間をどう定めるか
     5 紹介予定派遣とは?
     6 派遣法改正の動向

    [V] 請負社員・個人への業務委託の活用法
     1 請負社員活用のメリット・デメリット
     2 製造現場で派遣社員を活用が可能に
     3 請負と派遣の使い分けをどうするか 
     4 製造現場で外部社員を活用するポイント
     5 個人への業務委託の活用

    [VI] さまざまな働きかた
     1 社員の雇用区分とキャリア形成
     2 裁量労働制の利点を発揮するには
     3 短時間社員の活用
     4 広がるテレワーク

    [終章]人材ビジネスの成長と人事管理の新しい課題
     1 人材ビジネスの機能が広がる
     2 現場管理職への情報提供が欠かせない
     3 正社員・非正社員の二元論は実態にあわない
     4 多元化に沿った新しい人事管理
     5 働きかたの多様化とワーク・ライフ・バランス

    [COFFEE BREK]

著者・監修者プロフィール

佐藤 博樹(さとう ひろき)

東京大学大学院情報学環教授(社会科学研究所兼務)。1953年生まれ、1981年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、同年雇用職業総合研究所(現、労働政策研究・研修機構)研究員、1983年法政大学大原社会問題研究所助教授、1987年法政大学経営学部助教授、1991年法政大学経営学部教授、1996年東京大学社会科学研究所教授、2011年4月より現職。 <主な著書>『マネジメント・テキスト 人事管理入門〈第2版〉』(共著、日本経済新聞出版社)、『実証研究 日本の人材ビジネス』(共編、日本経済新聞出版社)、『パート・契約・派遣・請負の人材活用〈第2版〉』(編著、日経文庫)、『男性の育児休業』(共著、中公新書)、『職場のワーク・ライフ・バランス』(共著、日経文庫)、『結婚の壁』(共編著、勁草書房)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading