欧米で普及している「360度フィードバック」は、人材育成のツール。メンバーが相互に仕事ぶりをフィードバックし合う仕組みだ。スムーズな導入、組織力をアップするノウハウを、日本企業の事例をまじえて徹底解説。

チームを活性化し人材を育てる 360度フィードバック

相原孝夫 編著/南雲道朋 編著
定価:本体1,600円+税
発売日:2009年03月27日
ISBN:978-4-532-31439-2
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

欧米で普及している「360度フィードバック」は、人材育成のツール。メンバーが相互に仕事ぶりをフィードバックし合う仕組みだ。スムーズな導入、組織力をアップするノウハウを、日本企業の事例をまじえて徹底解説。

ヤマト運輸、大丸など、導入・運用に成功している日本企業の事例を豊富に盛り込み、管理職の反発をいかに抑え、スムーズに導入するノウハウを明らかにした実践の書。

目次

  1. まえがき

    第1章 360度フィードバックとは
    第2章 人材育成の再構築
    第3章 成功する導入のポイント
    第4章 設問設定=人材像定義の実際
    第5章 フィードバックから行動変革へ
    第6章 重要度を増す企業内人材育成
    事例編

    あとがき

著者・監修者プロフィール

相原 孝夫(あいはら たかお)

株式会社HRアドバンテージ代表取締役社長
慶應義塾大学商学部卒業、早稲田大学社会科学研究科博士課程前期修了。日系コンサルティング会社を経て、1994年マーサー入社。2000年9月日本法人代表取締役副社長。人材の評価、選抜、育成および組織開発に関わるプロジェクト、日系企業海外現地法人の現地化推進等のコンサルティングを専門とする。著書に『会社人生は「評判」で決まる』『ハイパフォーマー 彼らの法則』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

南雲 道朋(なぐも みちとも)

株式会社HRアドバンテージ 取締役。富士通、外資系コンサルティング会社、マーサージャパン株式会社、ベリングポイント株式会社を経て、2006年4月より現職。分野を横断するシステム思考の実践を基本とし、マネジメント改革、組織改革、人材開発を横断するプロジェクトの企画・推進を得意とする。著書に、『図解 戦略人材マネジメント』、『実践Q&A 戦略人材マネジメント』(ともに共著、東洋経済新報社)、『多元的ネットワーク社会の組織と人事』(ファーストプレス)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading