青山、銀座、新宿、深川、下高井戸――東京という街を舞台に5人の作家の個性をあぶりだす形でまとめられた短編小説集。多様で複雑な表情を持つ大都会に集い住む人々と、街並みや建築物が織りなす日常を描き出す。

定価:本体600円+税
発売日:2013年12月09日
ISBN:978-4-532-28023-9
並製/A6判/240ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

青山、銀座、新宿、深川、下高井戸――東京という街を舞台に5人の作家の個性をあぶりだす形でまとめられた短編小説集。多様で複雑な表情を持つ大都会に集い住む人々と、街並みや建築物が織りなす日常を描き出す。

憧れ、嫉妬、屈折、挫折……この街は物語に溢れている
青山は林真理子「一年ののち」、銀座は椎名誠「屋上の黄色いテント」、新宿は盛田隆二「新宿の果実」、深川は松村友視「夢子」、下高井戸は藤野千夜「主婦と交番」。それぞれの描く風景と人物は、街の空気や彩りを生き生きと彷彿させ、東京という街の不思議な魔力とともに読者の心を引き寄せます。

目次

  1. 一年ののち 青山 林真理子

    屋上の黄色いテント 銀座 椎名誠

    主婦と交番 下高井戸 藤野千夜

    夢子 深川 村松友視

    新宿の果実 新宿 盛田隆二

    解 説 カンタン・コリーヌ

著者・監修者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)

作家。1954年生まれ。「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

椎名 誠(しいな まこと)

作家・随筆家・映画監督・写真家。1944年生まれ。『犬の系譜』で第10回吉川英治文学新人賞受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

藤野 千夜(ふじの ちや)

作家。1962年生まれ。「夏の約束」で第122回芥川賞受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

村松 友視(むらまつ ともみ)

1940年東京生まれ、静岡で育つ。慶應義塾大学文学部卒業。中央公論社勤務を経て、作家に。1982年『時代屋の女房』で第87回直木賞、1997年『鎌倉のおばさん』で第25回泉鏡花文学賞を受賞。 <主な著書>『夢の始末書』、『私、プロレスの味方です』、『百合子さんは何色』、『幸田文のマッチ箱』、『アブサン物語』、『俵屋の不思議』、『淳之介流』など多数。近著に『帝国ホテルの不思議』、『野良猫ケンさん』、『裕さんの女房』、『残月あそび』。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

盛田 隆二(もりた りゅうじ)

1954年東京都生まれ。情報誌「ぴあ」編集の傍ら小説を執筆し、90年の『ストリート・チルドレン』(野間文芸新人賞候補)、92年の『サウダージ』(三島由紀夫賞候補)で注目される。96年作家専業に。2004年に刊行された『夜の果てまで』が30万部を超すベストセラーとなる。他の作品に『おいしい水』『あなたのことが、いちばんだいじ』『ささやかな永遠のはじまり』『ありふれた魔法』『二人静』『身も心も』『きみがつらいのは、まだあきらめてないから』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

カンタン・コリーヌ (かんたん・こりーぬ )

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading