自動車会社とIT企業の連携などビジネスがデジタルで規定される時代、マーケティングも大きく変わる。最新手法を第一人者が解説。

デジタル変革マーケティング

定価:本体2,800円+税
発売日:2017年02月17日
ISBN:978-4-532-32133-8
並製/A5判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

自動車会社とIT企業の連携などビジネスがデジタルで規定される時代、マーケティングも大きく変わる。最新手法を第一人者が解説。

あらゆるデータを駆使し、企業の事業変革を推進する手法を徹底紹介!

AIやIoTなど製造業のデジタルトランスフォーメーションはますます加速しており、マーケティングのデジタルシフトがその成否を握ります。マスメディア・ネットメディア・リアルメディアの三領域をデジタルデータで統合、PDCA を高速に回し、スピーディーな「データドライブ」をナビゲートするのが羅針盤(ダッシュボード)です。このダッシュボードによって、現場が経営に参加し、全社員が「事実」に基づいて判断・行動できる企業になります。デジタル変革を育む企業文化、そしてオフィスレイアウトにまで踏み込んだ画期作!
●「フィンテック」「エドテック」「メドテック」「トランステック」「マニュテック」・・・あらゆる産業がITと融合し、製造・サービスの姿が大きく変わりつつあります。企業活動がデジタルで再定義され(デジタルトランスフォーメーション=デジタル変革)、デジタルマーケティングも特別なことではなくなりました。
●しかし、デジタルに特化したマーケティング担当者は、TVCMなどリアルな広告宣伝活動の経験がなく、リアルとデジタルが融合した世界でポイントを押さえ切れていません。
●本書は、リアルとデジタル両方に精通した著者が、デジタル変革の中であらゆるマーケティング活動をデジタル(=データ)でとらえなおすために、データをどう扱えばよいか、また、そのデータを使ってどのような施策を打てばよいかを解説します。ケーススタディとして、ネスレ日本の最新事例も紹介し、実践的な内容となっています。

目次

  1. 第1章 マーケティングを「デジタル」で再定義する
     
    第2章 なぜ今ダッシュボードが必要なのか

    第3章 「PDCA」を「高速PDCA」に進化させる

    第4章 ダッシュボードを活用したデータドリブン経営
     
    第5章 リアルとデジタルの共創空間を確立する

著者・監修者プロフィール

横山 隆治(よこやま りゅうじ)

(株)デジタルインテリジェンス代表取締役
1982年青山学院大学文学部英米文学科卒。同年(株)旭通信社入社。96年デジタルアドバタイジングコンソーシアム(株)を起案設立。同社代表取締役副社長に就任。2001年同社を上場。インターネットの黎明期からネット広告の普及、理論化、体系化に取り組む。08年(株)ADKインタラクティブを設立。同社代表取締役社長に就任。10年デジタルコンサルティングパートナーズを主宰。11年デジタルインテリジェンス代表取締役に就任。『CMを科学する』『リアル行動ターゲティング』など著書多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

内田 康雄(うちだ やすお)

(株)デジタルインテリジェンス データドリブン・ストラテジスト
2007年早稲田大学教育学部卒。同年デジタルアドバタイジングコンソーシアム(株)入社。ウェブ解析の導入活用支援、ROIトラッキング領域の専門家として活躍。13年(株)デジタルインテリジェンスに入社。大手法人向けに、マーケティングを最適化するためのデータ分析やテクノロジーの導入運用等のコンサルティングを行っている。Digital Analytics Association認定Web Analyst、日本交渉協会認定交渉アナリスト。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading