小売業はなぜここまで落ちたのか! 顧客を置き去りにした「安売り競争」はもうやめよう。生活者のニーズを捉え、新市場を作り出す、魅力的な「買い物の場」を作るにはなにが必要なのか。本書は「業態」という視点からシンプルに解明します!

実学入門
なにが小売業をダメにした お客を「創る」企業を目指せ!

定価:本体1,600円+税
発売日:2001年03月26日
ISBN:978-4-532-14905-5
上製/A5判/239ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

小売業はなぜここまで落ちたのか! 顧客を置き去りにした「安売り競争」はもうやめよう。生活者のニーズを捉え、新市場を作り出す、魅力的な「買い物の場」を作るにはなにが必要なのか。本書は「業態」という視点からシンプルに解明します!

目次

  1. プロローグ 何が日本の小売業をダメにしたのか

    1 「流通業」経営者の大いなる勘違い

         1 “川上・川下発想”がそもそもの間違い
         2 製・販・配の「並列調和」をめざせ
         3 顧客を忘れた経営になぜ走るのか
         4 ダイエー「ハイパーマート」の誤算

    2 チェーンストア論が陥ったあやまち

         1 小売業に商品開発は必要か
         2 小売業はリテール・プロデューサー
         3 チェーンストア本部は「企業内問屋」
         4 本部本位制が官僚体質を生み出した
         5 「強い商品部」という幻想
         6 個店の創造性を取り戻せ

    3 アメリカ小売「業態」に見る進化と革命

         1 業種店と業態店の根本的違い
         2 買物の不便さを解消する生活総合業態の登場
         3 耐久必需品を扱うGMSの誕生
         4 ウォルマートが築いた最強のディスカウントストア
         5 進化するワンストップショッピング
         6 業態進化の最先端をゆくスーパーセンター

    4 目的に応じた買い物の場へ----デスティネーション・ストアの時代

         1 破壊的な安さを生みだしたMWC
         2 圧倒的な品ぞろえが市場を拡大する
           ----ホームデポの脅威の成長力
         3 業界を覆う革新小売業の波
         4 食われていく総合業態
         5 “割り込み型”小売業の時代

    5 買い物の種類と3つのステージ

         1 業態を読み解く「3つの買物ステージ」の考え方
         2 ステージ1:非日常的な「夢を楽しむ買物」の場
         3 ステージ2:生活に不可欠な毎日の「近くて便利な買物」の場
         4 ステージ3:生活を豊かにする「ワンランクアップ」の買物の場

    6 変革期に突入した日本の小売業

         1 過去四十年の勝者の転落
         2 デパート:「生活圏型二貨店」に脱却できるか
         3 GMS:淘汰は必然、次世代業態を模索する

    7 日本型デスティネーションストアの戦国時代へ

         1 ホームセンター:
           有望なノンフーズストア市場で勝ち組になれるか
         2 ディスカウントストア:ウォルマートとは別ものの日本的業態
         3 ハイパーマーケット:「食+雑」でポストGMSを狙う
         4 スーパーセンター:ローカル企業の台頭

    エピローグ 21世紀を勝ち残る小売業になる

著者・監修者プロフィール

石原 靖曠(いしはら やすひろ)

早稲田大学卒業後、ブルーチップスタンプ入社、販促課長を務める。コンサルティング会社を経て、1971年スペシャリティ研究所を設立。現在、同所長。商業界常任講師、リテールマネジメント・スクール校長も務める。小売業の業態開発・マーチャンダイジングプランなどを主な専門とし、米国小売業界に精通。各種の講演会や研修ツアーを定期的に開催している。 <主な著書>『これからの流通戦略がわかる本』(PHPビジネス選書、2004)、『変わり続けるアメリカ小売業』(商業界、2001)、『実学入門 なにが小売業をダメにした』(日本経済新聞社、2001)、『最強のホームセンター ホームデポ』(商業界、1998)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading