政官財民あらゆるレベルで固定的な「所有」の仕組みが崩れ、流動的でしなやかな「利用」の仕組みへの変化が始まった。個人の生き方から企業経営まで、この潮流への転換がパワーを生む。刺激に富む日本再生論!

「所有」から「利用」へ
日本経済 新世紀

定価:本体1,500円+税
発売日:1999年06月03日
ISBN:978-4-532-14754-9
上製/四六判/242ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

政官財民あらゆるレベルで固定的な「所有」の仕組みが崩れ、流動的でしなやかな「利用」の仕組みへの変化が始まった。個人の生き方から企業経営まで、この潮流への転換がパワーを生む。刺激に富む日本再生論!

目次

  1. 第1章 「失われた十年」を超えて
    第2章 終わりからの出発
    第3章 土地本位制からの脱却
    第4章 経営格差の時代
    第5章 成長企業の新戦略
    第6章 「利用」の時代のニュービジネス
    第7章 新たな夜明けへ

著者・監修者プロフィール

大野 剛義(おおの たけよし)

1935年7月6日東京都に生まれる。1958年慶應義塾大学経済学部卒業、三井銀行入行。堂ビル支店長、新宿新都心支店長を歴任。1987年取締役。常務取締役、さくら銀行代表取締役専務を経て、1996年6月さくら総合研究所社長に就任、1999年6月退任。1999年9月(株)治コンサルタントを設立し、代表取締役社長に就任、現在に至る。 <主な著書>『にっぽん丸』(日本経済新聞社、1998)、『「所有」から「利用」へ』(日本経済新聞社、1999) 

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading