ドルはなぜ基軸通貨?クリントノミックスって何?米国経済はなぜ復活したのか?アメリカ経済の盛衰をその歴史的背景、政策、産業構造から分析し、やさしく解説。

ベーシック アメリカ経済入門<新版>

定価:本体950円+税
発売日:1998年05月04日
ISBN:978-4-532-10660-7
並製/小B6判/184ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

ドルはなぜ基軸通貨?クリントノミックスって何?米国経済はなぜ復活したのか?アメリカ経済の盛衰をその歴史的背景、政策、産業構造から分析し、やさしく解説。

目次

  1. プロローグ
     1、超大国・アメリカの盛衰と復活
     2、クリントノミックスの隆盛
     3、ドルの凋落と復権
     4、甦るアメリカ産業
     5、情報・通信大国アメリカ
     6、アメリカと世界の政治・経済
     7、これからのアメリカをみるポイント

著者・監修者プロフィール

原田 和明(はらだ かずあき)

1931年東京生まれ。1956年東京大学経済学部卒業後、三和銀行入行。通産省出向、ロンドン駐在エコノミストなどを歴任し、1985年取締役調査部長。1986年三和総合研究所設立とともに同社専務。三和総合研究所理事長。 <主な著書>『銀行10年後への戦略』(日本経済新聞社)、『価格革命・日本企業の挑戦』(日本経済新聞社)、『ブッシュの米国経済』(日本経済新聞社)、『ベーシック・アメリカ経済入門』(日本経済新聞社)、『激変する世界経済の読み方』(東洋経済新報社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading