マーケティングを知らずしてビジネスをするなかれ。「迷わせて売れ」「有望市場は男性だ」「市場は小さくとらえよ」など、一見逆説的にも見える数々のアイデアを豊富な事例とともに紹介。文庫化に伴い1章を加筆。

定価:本体667円+税
発売日:2005年03月03日
ISBN:978-4-532-19279-2
並製/A6判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

マーケティングを知らずしてビジネスをするなかれ。「迷わせて売れ」「有望市場は男性だ」「市場は小さくとらえよ」など、一見逆説的にも見える数々のアイデアを豊富な事例とともに紹介。文庫化に伴い1章を加筆。

目次

  1. 第1講 利益を生み出しているのは誰?
     1 「がんばる」よりもマーケティングを
     2 マイクロソフトの陰の立役者
     3 「製品」を「商品」に変える力
     4 「大本営」経営企画室を廃止せよ
     5 人減らしだけが増益策か
     6 組織文化を停滞させない方法

    第2講 マーケティングは楽しい戦争だ
     1 戦争論を読もう
     2 戦略と戦術を区別しよう
     3 二正面作戦はやめよう
     4 いまも使える「背水の陣」
     5 2番手企業は1点突破
     6 「他人のふんどし」を使え
     7 「ネットワークの外部性」は魔法の杖
     8 ユニクロはどこがすごいのか
     9 中古市場は敵ではない
     10 市場は小さくとらえよ
     11 山手線内ブランディングとは

    第3講 時間を無駄遣いさせよう
     1 時間を巡る第3のマーケティング
     2 デパ地下人気の深層
     3 「迷わせて買わせる」応用例
     4 ディズニーランド・コンプレックスから脱出せよ
     5 読者への挑戦=DPEの再生策とは
     6 人の顔が人を呼ぶ
     7 ゴテゴテ展示のもう1つの効用
     8 専門用語で語ろう
     9 専門媒体で語ろう

    第4講 隠れ中間層を探せ
     1 秘密の花園はここにある
     2 「男の半隠居」雑誌、続々登場
     3 有望市場の「小金持ち父さん」
     4 障害者は消費者である
     5 女20代、男40代
     6 任天堂VSソニー 世代マーケティングの2潮流

    第5講 魔法とファンタジーに注目しよう
     1 むき出しのテクノロジーに飽きてきた人々
     2 カジノは「大人のディズニーランド」である
     3 国内旅行は有望市場だ
     4 道中すべてをマーケティングせよ
     5 里山付きマンションを売れ
     6 営林署に注目しよう
     7 銀行よ、目覚めよ

    第6講 ITとカネとアタマは使いよう
     1 「IT幼年期」の終わり
     2 私がインスパイアでやりたいこと
     3 揺らぎ始めた競争至上主義
     4 食品安全危機が新ビジネスを生む?
     5 20万円のIT革命
     6 ITを巡る誤解を解く
     7 オールドエコノミーはITで蘇る
     8 ITよりも伸ばすべきもの

    第7講 いま、「フツーの生活」が新鮮
     1 レオン商法に学ぶ
     2 『電車男』を解剖する
     3 野球再生法
     4 デジタル家電、真の主役はHDD
     5 韓流を深読みすると

    おわりに

著者・監修者プロフィール

成毛 眞(なるけ まこと)

(株)インスパイア ファウンダー、代表取締役社長、CEO。1955年北海道生まれ。1979年中央大学商学部卒業。1982年(株)アスキー入社。同年、(株)アスキーマイクロソフト出向。1986年マイクロソフト(株)入社、OEM営業部長。1990年同社取締役マーケティング部長。1991年同社代表取締役社長。2000年同社取締役特別顧問(2001年5月退任)。同年(株)インスパイアを設立し、代表取締役社長就任。現在に至る。 <主な著書>『成毛眞のマーケティング辻説法』(共著、日経ビジネス人文庫)、『トーキョー金融道』(共著、日経BP社)、『希望のビジネス戦略』(共著、ちくま新書)、『新世代ビジネス、知っておきたい(四賢人版)マーケティングの心得』(文春文庫)、『新世代ビジネス、知っておきたい60ぐらいの心得』(文春文庫)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

日経MJ(流通新聞) (にっけいえむじぇー(りゅうつうしんぶん) )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading