経営戦略には孫子、クラウゼウィッツなど様々な軍事戦略家の考えが応用されているが、本当に理解されているのか? 古今東西の軍事戦略の名著を精選し、そのエッセンスをわかりやすく解説する待望の軍事戦略ガイド。

定価:本体762円+税
発売日:2009年06月03日
ISBN:978-4-532-19499-4
並製/A6判/288ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

経営戦略には孫子、クラウゼウィッツなど様々な軍事戦略家の考えが応用されているが、本当に理解されているのか? 古今東西の軍事戦略の名著を精選し、そのエッセンスをわかりやすく解説する待望の軍事戦略ガイド。

軍事戦略や国家戦略をより身近なものとして考えるためのコンパクトな手引き書。軍事や戦争に関心を寄せる読者はもとより、経済戦略や経営戦略といった分野をより深く理解したいビジネスピープルにとっても有益な一冊です。

目次

  1. はじめに

    第 I 部 古典に学ぶ軍事戦略
     1 多角的な戦争史叙述に挑んだ傑作――ヘロドトス『歴史』
     2 戦争を引き起こすのは「利益」「名誉」「恐怖」――トゥーキュディデース『戦史』
     3 「曖昧さ」が支配する戦場――カエサル『ガリア戦記』
     4 地政学の父――マッキンダー『マッキンダーの地政学』
     5 世界最古・最高峰の兵法書――孫子『孫子』
     6 戦略研究の未開の地――陳寿『正史三国志』
     7 国家の興亡を人から描く――司馬遷『史記』
     8 政治的行為としての戦争――作者不詳『甲陽軍艦』
     9 運命と力量に左右される政治権力を支えるのは軍事力――マキアヴェリ『君主論』
     10 ナポレオン戦争とその衝撃を活写――トルストイ『戦争と平和』

    第 II 部 クラウゼヴィッツ『戦争論』に学ぶ
     11 真の戦略思想家――クラウゼヴィッツ『戦争論』
     12 付加価値高い「決定版」――クラウゼヴィッツ『戦争論』英訳版
     13 珠玉のクラウゼヴィッツ論――ハワード『クラウゼヴィッツ』
     14 小編ながら最高峰――ハワード『第一次世界大戦』
     15 平和とは秩序にほかならない――ハワード『平和の創造と戦争の再生』
     16 勝利するための原理を追究――ジョミニ『戦争概論』
     17 最高の評伝――パレット『クラウゼヴィッツ―『戦争論』の誕生』
     18 思想家の影響を重視した戦略研究の古典――パレット『現代戦略思想の系譜』
     19 戦略形成における文民の役割――ブロディ『戦争と政治』
     20 ドイツ第三帝国の『戦争論』――ルーデンドルフ『総力戦』

    第 III 部 戦争の哲学に学ぶ
     21 豊富な経験に裏打ちされたゲリラ戦争のバイブル――毛沢東『遊撃戦論』
     22 社会科学としての軍事研究――マルクス=エンゲルス『マルクス=エンゲルス全集』
     23 哲学者の平和観と戦争観――カント『永遠平和のために』
     24 戦争と平和をめぐる哲学的分析――ギャリー『平和と戦争の哲学者』
     25 傑出した戦略思想の系譜――ガット『軍事思想の歴史』
     26 広い視野から文明と戦争の関係性をとらえる――ガット『人類文明の中の戦争』

    第 IV 部 システムとしての戦略論
     27 核兵器を前提とした戦略を問う――オスグッド『制限戦争』
     28 社会の変革はいかに戦争を変えたか――フラー『制限戦争指導論』
     29 「間接アプローチ戦略」の提唱者――リデル・ハート『戦略論』
     30 シー・パワーの重要性を訴えた不朽の書――マハン『海上権力史論』
     31 歴史から導き出された実用的戦略――マハン『海軍戦略』
     32 統合戦略の主唱者――コルベット『海洋戦略の諸原則』
     33 空軍戦略の創始者――ドゥーエ『制空』

    第 V 部 国家と戦争の関係から学ぶ
     34 戦略思想の原典の集大成――フィリップス『戦略の源泉』
     35 コンパクトな戦争史記述――ハワード『ヨーロッパ史と戦争』
     36 戦争を理解するための最良の入門書――フリードマン『戦争』
     37 軍事史を学問として確立――デルブリュック『政治史的枠組みの中における戦争術の歴史』
     38 政治と戦争の関係を突き詰める――リッター『国家政策と戦争手段』
     39 ドイツの新しい軍事史研究の集大成――キューネ、ツィーマン『軍事史とは何か』
     40 リベラル主義の観点からのユニークな通史――キーガン『戦略の歴史』

    第 VI 部 現代の戦略論
     41 戦略のパラドックス――ルトワック『戦略』
     42 世界秩序回復の壮大な事例研究――キッシンジャー『回復された世界平和』
     43 クラウゼヴィッツに対するアンチテーゼ――クレフェルト『戦争のアート――戦争と軍事思想』
     44 最もラディカルな戦争観――クレフェルト『戦争の変遷』
     45 アメリカ外交の生き証人――ケナン『アメリカ外交50年』
     46 戦略の本質は不変――グレイ『現代戦略論』
     47 核戦略は戦略と呼べるのか?――フリードマン『核戦略の進化』
     48 戦争のパラダイムシフトを喝破――スミス『軍事力の有用性』
     49 プロセスとしての戦略――マーレー『戦略の形成』
     50 現代戦に勝利をもたらすもの――ビドル『軍事力』

    おわりに

著者・監修者プロフィール

石津 朋之(いしづ ともゆき)

防衛省防衛研究所歴史研究センター国際紛争史研究室長。拓殖大学、放送大学、青山学院大学非常勤講師。「歴史と戦争研究会」代表。獨協大学卒、ロンドン大学SOAS及び同大学キングスカレッジ大学院修士課程修了、オックスフォード大学大学院研究科修了。ロンドン大学キングスカレッジ名誉客員研究員、英国王立統合軍防衛安保問題研究所(RUSI)研究員を歴任。専門は、戦争哲学、戦争史。
著書・翻訳書に『戦争学原論』筑摩書房、2013年(単著)、『リデルハートとリベラルな戦争観』中央公論新社、2008年(単著)、『クラウゼヴィッツと「戦争論」』彩流社、2008年(共編著)、『名著で学ぶ戦争論』日経ビジネス人文庫、2009年(編著)、『戦争原論――軍事と平和のグランド・ストラテジー』日本経済新聞出版社、2010年(共編著)、『戦争の変遷』原書房、2011年(監訳)、『戦争文化論』原書房、上・下巻、2010年(監訳)、『戦争論――現代世界の軍事と戦争』勁草書房、2012年(監訳)、Conflicting Currents : Japan and the United States in the Pacific (Praeger, 2010)(共編著)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading