喧噪の隣に超高級住宅地があったり、ひっそりと佇む街や名建築から百年前が見え隠れするといった「秘境」がニューヨークに数多くある。文学から建築、音楽、料理まで蘊蓄を傾けて描きだす卓抜なアメリカ文化論!

ニューヨーク「秘境」探検
街角から見たアメリカ文化

定価:本体1,600円+税
発売日:1999年09月21日
ISBN:978-4-532-16315-0
上製カバー巻き/四六判/294ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

喧噪の隣に超高級住宅地があったり、ひっそりと佇む街や名建築から百年前が見え隠れするといった「秘境」がニューヨークに数多くある。文学から建築、音楽、料理まで蘊蓄を傾けて描きだす卓抜なアメリカ文化論!

目次

  1. プロローグ

    【探検I】
    マレー・ヒルの神秘に触れ、昔のザ・テンダーロインをのぞきこみ マディソン・スクェア公園を南へ、幽玄のソフィ街区に思いを残し グラマシー公園周辺に揺れて、ユニオン・スクエア界隈までをゆく

    【探検II】
    東の方へイースト・リバーを渡ってローズベルト島まで行ってみる 粛然たるサットン・プレースと隔絶のビークマン・プレースに浸り 53丁目と55丁目とで東西にすぱっとミッドタウンを輪切りにして

    【探検III】
    ユニオン・スクェアの南、ユニバーシティ・プレースからビレッジへ 見飽きぬ街のブリーカー通りや、混在のソーホー地区をゆったりと バッテリー・パーク・シティを抜けて、スタッテン島フェリーまで

    【探検IV】
    イースト・ビレッジから、ぞくぞくっとするロワー・イーストサイドへ コウシャーを食べながらのニューヨークと、チャイナタウンでの飲茶 ブルックリン橋を歩き、ウイリアムズバーグ橋の向こうへも行ってみる

    【探検V】
    いくつもの優雅な丘に魅せられて、アッパー・イーストサイドをゆく 粋なマディソン街を軸に、歩いても歩いても、この街は古くて新しい シックなカフェやバーに止まり木を発見し、心の置き場所を探し出す 

    【探検VI】
    瀟洒な西67丁目を起点に、CPWに居並ぶ故事に耳をそばだれる アッパー・ウエストサイドとリバーサイド・ドライブを逍遙しつつ リバーサイド教会のカリヨン鐘塔天空回廊をめざして、鳥瞰に酔う

著者・監修者プロフィール

浅井 秀剛(あさい ひでたけ)

1932年東京に生まれる。1956年慶應義塾大学文学部卒業。日活株式会社入社。1961~62年ニューヨーク大学ビジネス・スクールに留学。1968年退社。1969年(株)浅井事務所を設立し、代表取締役社長。主としてテレビドラマ、映画のプロデュース、マーケティング企画および広報業務に携わる。アサイ&アソシエーツ代表。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading