大証vs東証vs村上ファンド―。様々な思惑が絡み合った前代未聞の取引所買収合戦。その舞台裏の全てを描く迫真のドキュメント。

ドキュメント狙われた株式市場
大証・東証・村上ファンドM&A戦記

定価:本体2,000円+税
発売日:2017年01月24日
ISBN:978-4-532-35720-7
並製/四六判/296ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

大証vs東証vs村上ファンド―。様々な思惑が絡み合った前代未聞の取引所買収合戦。その舞台裏の全てを描く迫真のドキュメント。

相次ぐ不祥事、村上ファンドの攻勢、店頭市場統合、そして東証との合併--。金融ビッグバンにより市場間競争の時代の到来が叫ばれたが、まさか日本でも取引所の買収合戦が繰り広げられるとは! 本書は、日銀から大阪証券取引所に常務理事として入り、社長となった米田道生氏を中心に、証券取引所同士の激しいM&A合戦という前代未聞の闘いを活写する経済読み物。
巽悟朗(光世証券社長、大証社長)、村上世彰(村上ファンド代表)、斉藤惇(東証社長)ら一癖も二癖もある攻防戦の主要人物の言動を紹介しながら、日本の証券市場が抱える構造問題も浮き彫りにする。

目次

  1. プロローグ 狙われた株式市場

    第1章 「仮装売買」の深い闇

    第2章 目算外れたナスダック・ジャパン

    第3章 「素人新社長」を襲う荒波

    第4章 村上ファンドとの攻防

    第5章 起死回生のジャスダック買収

    第6章 長引いた東証との統合交渉

著者・監修者プロフィール

前田 裕之(まえだ ひろゆき)

日本経済新聞社編集局経済解説部編集委員室編集委員
1986年東京大学経済学部卒、日本経済新聞社入社。主な著書に『激震 関西金融』『地域からの金融革命』『脱「常識」の銀行経営』『ドキュメント 銀行』、共著に『松下 復活への賭け』『アベノミクスを考える』『経済学の宇宙』(岩井克人氏の聞き手を務める)、論文に「経済危機における日本人の意識と行動」(佛教大学大学院社会学研究科修士論文)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading