同時通訳者、教育者として著名の筆者のロングセラーの正・続再編集版。最新の話題、ニュースを加え旧版を全面刷新。英語との関わりはじめ、国際通訳の経験等から「生きた英語」を学ぶコツを楽しく紹介した好読み物。

新編 私も英語が話せなかった

定価:本体1,500円+税
発売日:1999年10月21日
ISBN:978-4-532-16320-4
並製カバー巻/四六判/255ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

同時通訳者、教育者として著名の筆者のロングセラーの正・続再編集版。最新の話題、ニュースを加え旧版を全面刷新。英語との関わりはじめ、国際通訳の経験等から「生きた英語」を学ぶコツを楽しく紹介した好読み物。

目次

  1. 第1章 私の原点
       1 私も英語が話せなかった/2 同時通訳への扉を叩く/3 アメリ
       カでの修行の日々/4 経済学を学び直す/5 国際会議の第一線に
       立って

    第2章 同時通訳の世界
       1 失敗から学んだこと/2 辞書・事典の徹底活用/3 よい英文を
       書くために/4 教養の広さが役に立つとき

    第3章 同時通訳者の工夫
       1 中立が第一原則/2 通訳のテクニック/3 一人称でも主役にあ
       らず/4 学術会議の通訳術/5 語学の適性と専門/6 英語上手は
       日本語上手/7 通訳者をめざす人に

    第4章 同時通訳者の苦心
       1 鴨川の流れと叡山の僧兵/2 混沌から星雲状態へ/3「心と心」
       は訳せるか/4 とう小平のメイセイ

    第5章 英語は世界を結ぶ
       1 「勧進帳」も必要/2 忘れえぬ失敗/3 国際会議の英語マナー
       /4 英語と経済学者たち/5 語源をたどる楽しみ

    第6章 ユーモアの効用
       1 二人のアメリカ大統領/2 各国首脳の英語/3 常夏の国と花鳥
       風月/4 オー・メード・イット!/5 ロムロ将軍と5セント玉/
       6 日本人のユーモア

    第7章 楽しく英語を学ぶコツ
       1 英語は世につれ/2 本場の英語を体験すると/3 精読より声読
       /4 映画で楽しく英語を/5 知ったかぶりは禁物

著者・監修者プロフィール

村松 増美(むらまつ ますみ)

えむ・えむ国際交流協会代表。日本笑い学会理事・関東支部長。1930年東京生まれ。1956年日本初の同時通訳者の一員として渡米、1965年帰国。サイマル・インターナショナルの創設に参加、社長、会長、サイマル・アカデミー校長を務めた。 <主な著書>『とっておきの英語』、『私の英語ウォッチング』、『だから英語は面白い』など多数

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading