89年の初版以来、ロングセラーを続けるベーシック版の改訂版。国際会計基準(IFRS)の適用で財務諸表はどう変わるのかをポイントに、約5年ぶりの改訂。最もハンディかつわかりやすい入門書。

ベーシック 財務諸表入門

定価:本体1,000円+税
発売日:2011年07月20日
ISBN:978-4-532-11820-4
並製/小B6判/176ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

89年の初版以来、ロングセラーを続けるベーシック版の改訂版。国際会計基準(IFRS)の適用で財務諸表はどう変わるのかをポイントに、約5年ぶりの改訂。最もハンディかつわかりやすい入門書。

実際にIFRSを採用している企業の財務諸表を使った解説をプラス。入社したてのビジネスパーソンや投資家、学生など、財務諸表を基礎から学びたい人に最適です。

目次

  1. まえがき
    プロローグ 営業マンが財務諸表を読む
    I 損益計算書とは
    II 貸借対照表とは
    III キャッシュフロー計算書とは
    IV 国際会計の導入
    V 企業統治と財務諸表の保証
    <実践編> 実際の財務諸表を読んでみる
    会計キーワード

著者・監修者プロフィール

佐々木 秀一(ささき しゅういち)

1939年青森県生まれ。1965年慶応義塾大学経済学部卒業。日本経済新聞社入社。1970年監査法人トーマツ入所(1981年パートナー)。1973年公認会計士登録。1976年英国トウシュ・ロス会計事務所シニアマネージャー。1980年ロンドン大学LSE修士課程修了。1984年日本公認会計士協会国際委員会委員長(~1987年)。1988年東京情報大学助教授(~1991年)。1994年ホワースインターナショナル会計事務所の日本代表(~2002年)。現在、税理士法人東京総合会計 代表パートナー。 <主な著書>『社長になる人のための税金の本』(共著、日経ビジネス人文庫)、『相続・贈与税の知識』(日経文庫)、『教養会計学』(共著、東京経済情報出版)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading