地震大国で津波大国の日本。地層には、地震や噴火など、過去数万年にわたり何度も日本列島を襲ってきた津波の痕跡が残されている。地層が発する過去からの警告を正しく解読し、今後のきたるべき危機に備える。

巨大津波 地層からの警告

定価:本体850円+税
発売日:2014年05月12日
ISBN:978-4-532-26230-3
並製/新書判/208ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

地震大国で津波大国の日本。地層には、地震や噴火など、過去数万年にわたり何度も日本列島を襲ってきた津波の痕跡が残されている。地層が発する過去からの警告を正しく解読し、今後のきたるべき危機に備える。

著者は国内・世界の地層・堆積物の調査を続ける気鋭の地質学者。数億年単位におよぶ地球科学の視点からみた災害とのつきあい方をやさしく解説します。

目次

  1. はじめに

    第1章 巨大津波は繰り返す

    第2章 地層は知っている 過去の巨大津波

    第3章 東日本大震災から学び続ける

    第4章 地層が描き出す日本の津波災害地図

    第5章 石垣島を襲った大津波を読み解く

    第6章 世界中に残る巨大津波の爪跡

    第7章 「地層からの警告」を見逃すな

著者・監修者プロフィール

後藤 和久(ごとう かずひさ)

1977年生まれ。東北大学災害科学国際研究所准教授。東北大学大学院工学研究科付属災害制御研究センター助教、千葉工業大学惑星探査研究センター上席研究員を経て、現職。専門は地質学、とくに先史・歴史時代の津波現象、地球外天体衝突と生物絶滅、火星の地質研究など、著書に「Google Earthでみる地球の歴史」「決着!恐竜絶滅論争」「Google Earthで行く火星旅行」(岩波科学ライブラリー)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading