夫は上方の大名跡を継ぐ現代歌舞伎の大看板、妻はスター女優から転身し参院議長まで務めた保守系大物女性政治家――。華麗な経歴と堅実な家庭を両立させた夫婦がそれぞれ綴る、史上初、前代未聞の「夫婦の履歴書」!

坂田藤十郎・扇千景 夫婦の履歴書

定価:本体2,000円+税
発売日:2008年10月28日
ISBN:978-4-532-16670-0
上製/四六判/284ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

夫は上方の大名跡を継ぐ現代歌舞伎の大看板、妻はスター女優から転身し参院議長まで務めた保守系大物女性政治家――。華麗な経歴と堅実な家庭を両立させた夫婦がそれぞれ綴る、史上初、前代未聞の「夫婦の履歴書」!

歴史に残る名優は艶聞から生まれる。日経の「私の履歴書」ではきわめて異色の、華のある競作自伝エッセイ集。

目次

  1. はじめに

    第一部 夫の履歴書

    第一章 成駒屋の家
    初代雁治郎の初孫/祖父の追善口上/河原町の家/扇雀の名で初舞台/「山科“甘藷”の場」/終戦

    第二章 上方の伝統を継ぐ
    河内屋さんの色気/武智歌舞伎/男の花道/イキを詰める/曽根崎心中/南座顔見世

    第三章 楽しい国民劇
    小林一三先生に口説かれ/映画出演二十本/専属料一千万円/東宝歌舞伎/「できちゃった婚」の走り/“二十四時間営業”で借金返済/コマ歌舞伎 座頭四半世紀

    第四章 近松の言葉 藤十郎の芝居
    松竹復帰/シェークスピアと近松/ママは一生懸命/近松座結成/「近松歌舞伎」/父の死/三代目襲名/忠臣蔵七役/海外公演/お初と半世紀/一生青春/藤十郎襲名披露/東西名跡の初共演/丸本を元に/肉体が滅びるまで

    第二部 妻の履歴書

    第一章 宝塚へ
    「虚弱」な子/焦土の神戸/青春の風/進学か就職か/悪評の優等生/「映画に行け」/移籍騒動

    第二章 「梨園」の妻に
    毎夜の電話/銀座の夜/結婚の条件/川口松太郎先生の言葉/「成駒屋」の嫁/花札/人形のような生活

    第三章 家庭を築く
    東京へ/「受験番号一番」/「家庭らしい雰囲気」/「不惑」を前に惑い/「3時のあなた」/福田先生の使者

    第四章 女性議員
    意外な実父の一言/政治と台所は直結/四十日抗争/大平総理との約束/落選/自民党離党、新党へ/「男、女は関係ない」/個条書き「国交相」時代/引退、そして藤十郎の妻に

    おわりに

著者・監修者プロフィール

坂田 藤十郎(さかた とうじゅうろう)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

扇 千景(おうぎ ちかげ)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading