少子高齢化、人口減少社会にあってシニアシフトに対応したビジネスは産業界必須のものとなってきた。本書はシニアビジネスの第一人者がビジネス成功のための秘訣を指摘したシニアシフト対応ビジネス指南書の決定版。

成功するシニアビジネスの教科書
「超高齢社会」をビジネスチャンスにする“技術”

定価:本体1,600円+税
発売日:2014年06月20日
ISBN:978-4-532-31900-7
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

少子高齢化、人口減少社会にあってシニアシフトに対応したビジネスは産業界必須のものとなってきた。本書はシニアビジネスの第一人者がビジネス成功のための秘訣を指摘したシニアシフト対応ビジネス指南書の決定版。

シニア市場への参入を計画中あるいはすでに参入している企業の実務担当者のセグメントに応じて、シニア市場参入のポイントを構造的に整理した指南書。

目次

  1. はじめに シニアビジネスでお悩みの皆さんへ

    第1章 シニアの消費行動はいかにして起きるか?

    第2章 いかにしてビジネスチャンスを見つけるか?

    第3章 いかにしてシニアビジネスを発想するか?

    第4章 いかにしてシニアのニーズを把握するか?

    第5章 いかにしてシニア「個客」にうける商品開発をするか?

    第6章 いかにしてシニアの消費心理を踏まえた商品提案をするか?

    第7章 いかにしてシニア顧客にリーチするか?

    第8章 いかにしてシニア「個客」をあなたの「顧客」にするか

    おわりに 超高齢化社会に明るい未来を感じる瞬間

著者・監修者プロフィール

村田 裕之(むらた ひろゆき)

新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。民間企業勤務後、仏国立ポンゼショセ工科大学院国際経営学科修了。日本総合研究所等を経て、2002年3月村田アソシエイツ設立、同社代表に就任。06年2月東北大学特任教授、09年10月東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同センター特任教授。シニアビジネス分野のパイオニアであり、多くの民間企業の新事業開発に参画し、シニア向け事業をプロデュースしてきた。高齢社会研究の第一人者として講演、新聞・雑誌への執筆なども多数。国際情勢にも詳しく、海外機関・企業からの講演依頼も多い。経済産業省、内閣府、中部経済産業局など多くの公職も歴任。
<主な著書>『リタイア・モラトリアム』(日本経済新聞出版社)、『シニアシフトの衝撃』『親が70歳を過ぎたら読む本』(以上ダイヤモンド社)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading