仕事上や学習上、わかりやすく論点・内容のしっかりしたレポート・小論文をまとめる必要に迫られることは多い。本書は、構想の立て方から、情報の収集・分析、執筆にいたるまで、実務的なノウハウを解説する。

レポート・小論文の書き方

江川純
定価:本体830円+税
発売日:1998年02月05日
ISBN:978-4-532-10760-4
並製/新書判/176ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

仕事上や学習上、わかりやすく論点・内容のしっかりしたレポート・小論文をまとめる必要に迫られることは多い。本書は、構想の立て方から、情報の収集・分析、執筆にいたるまで、実務的なノウハウを解説する。

目次

  1. I  ビジネスマンとレポート・小論文
    II  文章の基本的心得
    III レポート・小論文の基本技法
    IV レポート・小論文の書き方

著者・監修者プロフィール

江川 純(えがわ じゅん)

本名:稲田 実也。1940年広島県生まれ。京都大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。人事部参事役、大阪支店副支店長、社団法人・ソフト化経済センター事務局長などを経て 日本長期信用銀行人事部審議役。 <主な著書>『知的文章の書き方』(日本実業出版社、1996)、『知的話し方の方法』(日本実業出版社、1996)、『知的自己啓発の方法』(日本実業出版社、1995)、『ビジネス手紙文例集(監修)』(PHP研究所、1997)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading