株式の銘柄選びに熱中したり、人気の金融商品を追いかけたりする必要はない。月の光のように穏やかにお金を運用しよう。日経記者として長く個人の資産形成について取材してきた著者によるユニークなマネー解説書。

月光!マネー学
心静かにお金を増やすための91のルール

定価:本体1,500円+税
発売日:2008年05月22日
ISBN:978-4-532-35306-3
並製/A5判/264ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

株式の銘柄選びに熱中したり、人気の金融商品を追いかけたりする必要はない。月の光のように穏やかにお金を運用しよう。日経記者として長く個人の資産形成について取材してきた著者によるユニークなマネー解説書。

新聞記者である著者は「田村優之」という作家の顔を併せ持つ。『ゆらゆらと浮かんで消えていく王国に』(TBSブリタニカ)では開高健賞を受賞。

目次

  1. とても長い前書き
    第1章 月光投資法 持っているだけでリターンは年率6.6%
    第2章 これが月光進化形 株価や為替変動のクセ、金融税制を押さえよう
    第3章 トホホな商品にサヨナラを 高手数料のワナに気をつけよう
    第4章 月光家計術で堅実リターンを 医療、税金、ローン、年金のツボ
    とても短い後書き

著者・監修者プロフィール

田村 正之(たむら まさゆき)

日本経済新聞社編集委員兼紙面解説委員、証券アナリスト(CMA(R))、ファイナンシャル・プランナー(CFP(R))
1986年、早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞社に入社し、証券部、「日経マネー」副編集長、生活経済部次長などを経て現職。
著書に日経文庫『はじめての確定拠出年金』『老後貧乏にならないためのお金の法則』『世界金融危機でわかった! しぶとい分散投資術』『月光!マネー学』(以上、日本経済新聞出版社)、共著に『日本会社原論5』(岩波書店)など。講師歴に立正大学(パーソナルファイナンス概論、非常勤)、一橋大学(寄付講座、アセットマネジメント論)、早稲田大学エクステンションセンター(老後資金形成)、日本ファイナンシャル・プランナーズ(FP)協会などでFP向け研修など。田村優之の筆名で執筆した小説で開高健賞。経済青春小説、ポプラ文庫『青い約束』は14万部超のベストセラー。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading