会社の設立から運営、解散・消滅までの会社法の必須知識をコンパクトにまとめた好評既刊の最新改訂版。取締役、監査役の責任・権限や企業結合など平成14年までの商法の大改正を全て網羅、より実践的に解説。

株式会社の知識 第3版

宮島司
定価:本体860円+税
発売日:2003年01月13日
ISBN:978-4-532-10873-1
並製/新書判/235ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

会社の設立から運営、解散・消滅までの会社法の必須知識をコンパクトにまとめた好評既刊の最新改訂版。取締役、監査役の責任・権限や企業結合など平成14年までの商法の大改正を全て網羅、より実践的に解説。

目次

  1. I 株式会社とは
     1 株式会社とは
     2 会社とは何か
     3 株式会社の特質

    II 株式会社の設立
     1 最低資本金制度の意味
     2 会社の設立行為と設立手続
     3 設立に関する法規制
     4 設立中の会社
     5 設立に関する責任と設立の無効

    III 株式と株主
     1 株主・社員の地位の特色
     2 株券と株主名簿
     3 株式の譲渡

    IV 会社の運営
     1 株式会社の機関
     2 株主総会
     3 取締役、取締役会、代表取締役
     4 監査役
     5 委員会等設置会社の組織

    V 会社の計算と利益の分配
     1 会社の計算
     2 会社情報の開示
     3 利益の分配

    VI 会社資金の調達
     1 会社の資金調達
     2 株式発行による資金調達
     3 新株予約権による資金調達
     4 社債の発行による資金調達
     5 その他の方法による資金調達

    VII 企業結合
     1 複数企業の結合
     2 親子会社と株式の相互保有
     3 合併、営業譲渡、分割
     4 合弁会社と多国籍企業

    VIII 会社の再建と消滅等
     1 組織変更
     2 会社の再建と消滅

    COFFEE BREAK

著者・監修者プロフィール

宮島 司(みやじま つかさ)

1950年東京都に生まれる。1973年慶応義塾大学法学部法律学科卒業。1978年慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。1981年フランス留学(レンヌ大学)。1990年サンパウロ法科大学客員教授。1995年公認会計士第2次試験委員。現在、慶応義塾大学法学部教授(法学博士)。金融庁企業会計審議会委員。 <主な著書>『企業結合法の論理』(弘文堂、1989年)、『現代企業社会と法』(頸草書房、1990年)、『会社法概説』(弘文堂、1996年)、『やさしい手形法・小切手法』(法学書院、1998年)、『商法改正の論理』(税務経理協会、2000年)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading