反攻する百貨店
動き出す大再編

定価:本体1,456円+税
発売日:1996年04月12日
ISBN:978-4-532-14479-1
246ページ
購入画面へ進む

目次

  1. 第1章 百貨店はいま
    1 最悪期は脱したが
    2 好転する財務ポジション
    3 新規出店ラッシュ
    4 弱い新規売れ筋対応力
    5 開く経営力格差
    6 再編はどう進む
    7 求められるストレスフリー
    8 新流通革命の中で

    第2章 米国百貨店はどう復活したか
    1 起業家社員を育成―ノードストローム
    2 中央集権で効率アップ―フェデレーテッド
    3 パートナーシップで足腰強化―サックス・フィフス・アベニュー
    4 顧客に優しい店づくり―ブルーミングデール
    5 バイヤー、リスク背負い挑戦
    6 米国百貨店に何を学ぶか―識者座談会

    第3章 買い取りは救世主か
    1 買い取りはどこまで進むか
    2 直輸入品テコに買い取り学ぶ
    3 握りたい「価格決定権」
    4 顧客本来のPB開発
    5 アウトレット活用がカギ
    6 変わるバイヤーの役割
    7 販売のプロ養成が不可欠
    8 トップの決断が成否左右

    第4章 立地・店舗革新に挑む
    1 「超郊外」「脱店舗」がキーワード
    2 衰退するダウンタウン―浜松ルポ
    3 郊外店、売場革新を実験
    4 テナント導入の成果は
    5 新・百貨開発でワクを破る
    6 地方百貨店は生き残れるか

    第5章 人材を人財に
    1 創造的人間養成が課題
    2 実力主義の新人事制度の下で
    3 グループ戦略視野に出向を
    4 活躍の場与え、若い才能開け
    5 利益の源泉、パートを戦力化

    第6章 戦略的再編に活路
    1 加速する戦略的再編
    2 三越・大丸商品提携の決算
    3 変わる共同仕入れ機構
    4 地方・中央、変わる提携の構図

    第7章 反攻する百貨店―大手百貨店の生き残り戦略
    1 高島屋
    2 三越
    3 そごう
    4 西武百貨店
    5 大丸
    6 松坂屋
    7 東急百貨店
    8 阪急百貨店
    9 伊勢丹
    10 丸井

著者・監修者プロフィール

日経MJ(流通新聞) (にっけいえむじぇー(りゅうつうしんぶん) )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading