英語ミーティングでこれだけは知っておきたい便利な表現を集めたハンドブック。詳細な見出しで様々な状況や目的に応じた表現がすぐ見つかる。話に割って入る、中座するなど、困ったときの表現も充実。

定価:本体830円+税
発売日:2006年03月16日
ISBN:978-4-532-11099-4
並製/新書判/200ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

英語ミーティングでこれだけは知っておきたい便利な表現を集めたハンドブック。詳細な見出しで様々な状況や目的に応じた表現がすぐ見つかる。話に割って入る、中座するなど、困ったときの表現も充実。

目次

  1. はじめに

    第1章 会議当日までの準備

    第2章 会議を始める準備

    第3章 会議の導入部

    第4章 会議の基本的進行(1)――議題の提示

    第5章 会議の基本的進行(2)――意見交換

    第6章 会議の基本的進行(3)――意見をまとめる

    第7章 会議の基本的進行(4)――会議をまとめる

    第8章 ブレインストーミング

    第9章 ファシリテーション

    第10章 トラブルに対処する

著者・監修者プロフィール

セイン,デイビッド・A(せいん でいびっど・えー)

米国出身。カリフォルニア州アズサパシフィック大学で社会学修士号取得。証券会社勤務を経て来日し、翻訳・通訳、英会話学校経営など多岐にわたって活躍。数多くの英会話関係書籍を執筆。
著書は『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』(主婦の友社)、『英語ライティングルールブック』(DHC)など100点以上。現在、英語を中心テーマとして多岐にわたる企画を実現するエートゥーゼットを主宰。
AtoZ英語学校(東京・根津/春日)の校長も務める。詳しくはここにアクセス。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

スプーン,マーク(すぷーん まーく)

1952年米国生まれ。1977年ロラド大学にて化学修士号取得。1978年同大学にて化学工学修士号取得。宇宙産業とエネルギー産業にて25年以上のビジネス経験がありプロジェクトマネジメントや異文化間マーケティングにも詳しい。東京・シンガポールを拠点に国際石油メジャーのビジネスに従事した後、現在は米国で経営コンサルタントとして活動中。 <主な著書>『プレゼンテーションの英語表現』(共著、日経文庫)、『ミーティングの英語表現』(共著、日経文庫)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading