世の中、まんざら捨てたものではない。日常生活に経済の考え方やエッセンスを織りまぜて、どんな発想やとらえ方をすれば明るい見通しが立ち、生き方の選択肢が広がるかのヒントとアイデアを提供する軽妙な読みもの。

元気と勇気が湧いてくる経済の考え方

定価:本体1,300円+税
発売日:2011年11月28日
ISBN:978-4-532-35490-9
並製/四六判/224ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
POP
/288 KB

おすすめのポイント

世の中、まんざら捨てたものではない。日常生活に経済の考え方やエッセンスを織りまぜて、どんな発想やとらえ方をすれば明るい見通しが立ち、生き方の選択肢が広がるかのヒントとアイデアを提供する軽妙な読みもの。

著者は応用ミクロ、国際貿易、契約の経済論、法と経済学などさまざまなジャンルで活躍する、わが国経済学界の次代を担うホープで、『法と企業行動の経済分析』で日経・経済図書文化賞を受賞している実力派です。

目次

  1. はじめに
    第1章 元カレのプレゼントと試験勉強の意外な関係
    第2章 コンビニ弁当から転職を考える
    第3章 恋の告白と研究開発
    第4章 行列ができているラーメン屋に並んでみた
    第5章 二次会選びと就職活動の関係
    第6章 席を譲るのはむずかしい!
    第7章 植林をする老人の話
    第8章 未来の目標管理
    おわりに

著者・監修者プロフィール

柳川 範之(やながわ のりゆき)

東京大学大学院経済学研究科教授
1963年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、東京大学大学院博士課程修了(経済学博士)。慶應義塾大学経済学部専任講師を経て、現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading