古典芸能界の異才によるエッセイ集。狂言を現代風俗から「翻訳」し、古今東西の行ったり来たりは縦横無尽。リズミカルな文体と身体を切り取ったカラーの狂言“解剖”写真で見知らぬ世界へ読者を誘う。

狂言サイボーグ

定価:本体1,905円+税
発売日:2001年12月20日
ISBN:978-4-532-16399-0
上製/四六判/205ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

古典芸能界の異才によるエッセイ集。狂言を現代風俗から「翻訳」し、古今東西の行ったり来たりは縦横無尽。リズミカルな文体と身体を切り取ったカラーの狂言“解剖”写真で見知らぬ世界へ読者を誘う。

目次

  1. 狂言とコンピュータ―序にかえて―

    1 狂言と「身」「体」
       狂言と「顔」/狂言と「首・肩」/狂言と「ノド仏」/
       狂言と「髪」/狂言と「ヒゲ」/
       能・狂言と「胸・腹」/狂言と「背中」/狂言と「腰」/
       狂言と「手」/狂言と「足」
    武司でござる クロニクル1987―1994

    2 狂言と「感」「覚」
       狂言と「狂」/狂言と「目」/狂言と「ハナ」/
       狂言と「舌鼓」/狂言と「言」/狂言と「耳」/
       狂言と「声」/狂言と漢字
    萬斎でござる クロニクル1995―2000

    3 狂言と「性」「質」
       狂言と伝統/狂言と「口伝」/演技と経済/狂言と「男」「女」/
       狂言と装束/狂言とウォーホール/
       野田秀樹さんと私/狂言と「学」/キョウゲン気な子のために/
       狂言と海外公演/瓢箪/狂言と「未」「来」

    僕は狂言サイボーグ―あとがきにかえて―

著者・監修者プロフィール

野村 萬斎(のむら まんさい)

1966年生まれ。野村万作の長男。祖父故六世野村万蔵及び父に師事。能楽協会会員。東京芸術大学卒業。三歳で初舞台後、「三番叟」、最高秘曲「釣狐」「花子」などを披く。「狂言ござる乃座」主宰。狂言の演出・脚色も務め、現代に生きる狂言師として狂言の普及を目指す。「ハムレット」「子午線の祀り」などの舞台、映画やテレビでの幅広い活躍も目立つ。99年に第54回文化庁芸術祭演劇部門新人賞、第7回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。2001年には初主演映画「陰陽師」が注目を集めた。著書に『萬斎でござる』(朝日新聞社)がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading