大企業から中小企業まで、新規事業をいかに立ち上げ、既存事業のビジネスモデルを再構築するかが喫緊の課題。誰が、どんな事業を、どこで、どのように、成功させるのか、戦略的視点から事業計画書の書き方まで解説。

成功するビジネスプラン

定価:本体830円+税
発売日:2005年04月18日
ISBN:978-4-532-11057-4
並製/新書判/192ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

大企業から中小企業まで、新規事業をいかに立ち上げ、既存事業のビジネスモデルを再構築するかが喫緊の課題。誰が、どんな事業を、どこで、どのように、成功させるのか、戦略的視点から事業計画書の書き方まで解説。

目次

  1. [I] 良いビジネスプランを作成する準備
     1 ビジネスプランを作成する目的
     2 ビジネスプランの進め方

    [II] ビジネスプラン作成のフレームワーク
     1 事業環境の分析の進め方
     2 顧客分析の進め方
     3 競合分析の進め方
     4 自社分析の進め方
     5 効果的な情報収集のやり方

    [III] ビジネスプラン作成のポイント
     1 誰がやるのか?
     2 いかに儲かる仕組みを創るか 
     3 どのようにリスクを下げるか

    [IV] ビジネスプランの構成と書き方
     1 ビジネスプラン要旨――事業のキーポイントを整理する
     2 事業概要――リーダーのビジョンを打ち出す
     3 商品・サービスの特徴と優位性――事業のコアを詳細に説明する
     4 顧客市場動向――事業の対象を明らかにする
     5 基本戦略――事業展開上のポイントを明確にする  他

    [V] 財務計画
     1 財務計画の意義
     2 財務計画の一連の流れ
     3 売上見込みを立てる
     4 目標売上達成に向けてのコスト試算
     5 資金計画作成のための見込み損益計算書、貸借対照表  他

    巻末資料:ビジネスプランの具体例

    [COFFEE BREAK]
     成功する起業家とは/戦略とは何か/スポンサーの違いによるビジネスプランの濃淡/企業の成長段階に合わせたプラン作り/株式公開の意味

著者・監修者プロフィール

伊藤 良二(いとう りょうじ)

1952年生まれ。慶應義塾大学工学部管理工学科卒業、シカゴ大学経営大学院修士課程修了。公認会計士2次試験合格後、マッキンゼー・アンド・カンパニーのパートナーを経て、UCC上島珈琲の経営企画、商品開発担当取締役に就任。その後ベンチャーキャピタルのシュローダー・ベンチャーズ代表取締役を経て現在にいたる。情報通信、エレクトロニクスを含むハイテク分野から小売、食品、ヘルスケア、サービス、環境にいたる幅広い分野を手掛ける。また、グループ戦略、M&A戦略、組織改革、IRを含むコミュニケーション戦略といったテーマや、ベンチャー、プライベートエクイティ等についても豊富な体験と知見を有す。現在、ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン パートナー。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。 <主な著書>『戦略グループ経営』(共著、東洋経済新報社)、『コーポレイトブランド戦略』(東洋経済新報社)、『ロイヤルティ戦略論』(監訳、ダイヤモンド社)ほか

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading