「世界で最も影響力のある企業戦略論の思想家」プラハラード教授の最新作。国際競争やビジネス環境の変化が起きている今、競争力維持に必要なイノベーションを起こす方法を、豊富な実例を踏まえて解説した話題作。

定価:本体2,000円+税
発売日:2009年06月12日
ISBN:978-4-532-31456-9
上製/四六判/360ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「世界で最も影響力のある企業戦略論の思想家」プラハラード教授の最新作。国際競争やビジネス環境の変化が起きている今、競争力維持に必要なイノベーションを起こす方法を、豊富な実例を踏まえて解説した話題作。

世界的ビジネス思想家の最新作!
いまや企業戦略論の第一人者となった注目の著者の最新作で、学生から経営幹部まで、幅広い方にオススメしたい一冊です。

目次

  1. はじめに
    本書の構成

    第1章 ビジネスの変容
    第2章 業務プロセス――イノベーション実現のカギ
    第3章 分析――イノベーションへのひらめき
    第4章 ITの重要性――イノベーションを支える技術基盤
    第5章 組織面のレガシー――価値創造を阻むもの
    第6章 柔軟性と効率性を両立させる
    第7章 人材を臨機応変に配置する
    第8章 マネジャーの課題――イノベーションの本質に目を向けよ

    謝辞
    訳者あとがき
    原注
    索引

著者・監修者プロフィール

プラハラード,C・K(ぷらはらーど しー・けー)

ミシガン大学ビジネススクール教授(企業戦略、国際ビジネス)。1941年生まれ。イーストマン・コダック、AT&T、ハネウェルなど数々の国際企業でコンサルタントをつとめる。2007年、英タイムス紙が選ぶ「世界で最も影響力のあるビジネス思想家」の第1位に選ばれた。著書に世界的なベストセラー『コア・コンピタンス経営』『ネクスト・マーケット』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

クリシュナン,M・S(くりしゅなん M・S)

ミシガン大学ビジネススクール教授(ビジネスIT)。母国インドのデリー大学でコンピューター科学の学位取得後、米カーネギーメロン大学で博士号取得(産業管理)。1996年からミシガン大学で教鞭をとり、04年から教授。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

有賀 裕子(あるが ゆうこ)

翻訳家。東京都生まれ。東京大学法学部卒業。ロンドン・ビジネススクールでMBA取得。 <主な訳書>ドラッカー『マネジメント(I~IV)』、スローン『GMとともに』、チャンドラー『組織は戦略に従う』、キム&モボルニュ『ブルー・オーシャン戦略』、プラハラード&クリシュナン『イノベーションの新時代』、センゲ他『持続可能な未来へ』、ポールソン『ポールソン回顧録』などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading