これからは女だって高収入・高学歴がモテる? 均等法以降の男女の意識変化をひもときながら、現代の「キャリア」と「モテ」を分析。『負け犬の遠吠え』『結婚の条件』に並び、ネット上で大論争をよんだ衝撃作の単行本化。

「キャリモテ」の時代

定価:本体1,200円+税
発売日:2008年02月21日
ISBN:978-4-532-16645-8
並製/四六判/294ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

これからは女だって高収入・高学歴がモテる? 均等法以降の男女の意識変化をひもときながら、現代の「キャリア」と「モテ」を分析。『負け犬の遠吠え』『結婚の条件』に並び、ネット上で大論争をよんだ衝撃作の単行本化。

目次

  1. はじめに

    第一章 キャリモテ、あけぼの――モテとキャリアの現代史――
     エビちゃんOLはなぜ生まれたか?
     負け犬世代は男に期待しすぎた!
     「妹負け犬世代」は不況に直撃された!
     結婚難、恋愛難時代の厳しき縮図
     夫婦年収合算、リスクヘッジカップルが幸せの近道?
    コラム 玉の輿に乗れる女、乗れない女
    コラム バリキャリ女と結婚できる男、できない男

    第二章 ワークライフバランス王子を探せ!――キャリモテ式ターゲット設定――
     キャリモテ姫の王子様とは?
     「両雄並び立たず」の法則
     ターゲットは「ワークライフバランス王子」
     キャリモテ時代の「男選びの近道」
    コラム 高スペック王子が結婚を決めるとき

    第三章 恋の一歩は自分マーケティングから――キャリモテ式恋愛ブランディング――
     「キャラ立ち」で自分アイテムを確立せよ!
     キャリモテファッション1――ライス国務長官かエビちゃんか――
     キャリモテファッション2――服装はコミュニケーション――
     あなたの「女磨き」は間違っている
     磨くほど男に引かれる女磨き
    コラム 男子から見た「女磨き」の謎

    第四章 キャリモテ、最後のツメ――結婚という名の着地点――
     ロスジェネ女性の着地点は「楽近」男か?
     元祖負け犬 アラフォーの着地点はいずこに?
     三十代女性の結婚は「経済力」がキーワード?
     最後のツメは女性の「欲張り力」にあり
    コラム 男たちの結活最前線 燃えろ!花婿学校

    キャリモテ実践編 「婚活」ノススメ
     「婚活」はじめませんか?
     「出会い難」を克服するための処方箋
     出会いの可能性を高める「確率アップ作戦」
     出会いのプロ「結婚情報サービス」を利用する
     手軽で手堅い「ネット婚活」

    おわりに

著者・監修者プロフィール

白河 桃子(しらかわ とうこ)

少子化ジャーナリスト、作家。1961年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2008年、山田昌弘氏との共著『「婚活」時代』が19万部を超えるベストセラーに。「婚活」ブームを巻き起こす。現在、「情熱大陸」、「あさイチ」などテレビ出演のほか、大学、民間企業、地方行政の講演多数。日本家族社会学会会員、全国地域結婚支援センター理事。 <主な著書>『専業主婦に、なりたい!?』、『セレブ妻になれる人、なれない人』、『妊活バイブル』(共著)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading