クーデターから1年。迫る新憲法制定、くすぶる内戦の火種……かつての「民主主義の優等生」が政情不安に揺れている。日本企業が注目するタイ、そして東南アジアのいまとこれからを、取材記者がリアルに描き出す。

タイ 混迷からの脱出
繰り返すクーデター・迫る中進国の罠

高橋徹
定価:本体2,600円+税
発売日:2015年09月29日
ISBN:978-4-532-35654-5
上製/四六判/472ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

クーデターから1年。迫る新憲法制定、くすぶる内戦の火種……かつての「民主主義の優等生」が政情不安に揺れている。日本企業が注目するタイ、そして東南アジアのいまとこれからを、取材記者がリアルに描き出す。

5年間にわたる現地取材の集大成。最前線の記者による「生きた記述」。4000社を超える進出企業が、いまもっとも知りたい内容を描く。

目次

  1. プロローグ

    第1章 十九度目の政変

    第2章 「タイ式民主主義」の系譜

    第3章 CEO宰相の栄光と蹉跌

    第4章 戦車と法廷のクーデター

    第5章 カラード・ポリティクスの実相

    第6章 出口なき混迷

    第7章 タクシノミクスの落日

    第8章 「微笑みの国」の針路図

    エピローグ アジア新興国と民主主義

著者・監修者プロフィール

高橋 徹(たかはし とおる)

日本経済新聞社 東京本社編集局 国際アジア部次長。
1968年生まれ、香川県出身、横浜国立大学経営学部卒。
1992年日本経済新聞社入社、名古屋支社編集部、東京本社編集局産業部、日経産業消費研究所、産業部を経てバンコク支局長(2010年~14年)、アジア編集総局発足に伴い同総局キャップ(~15年3月)。15年4月より現職。
著書:『21世紀 次世代自動車の行方~環境・エネルギー問題への挑戦』(1998年、日経産業消費研究所・日本経済新聞社)『ゼネコン 最後の攻防』(共著、2003年、日本経済新聞社)『ホンダ 「らしさ」の革新』(共著、2005年、日本経済新聞社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading