会計ビッグバンに伴い導入された税効果会計。税額計算から開示まで、実務のポイントを事例に基づきやさしく解説。併せて「税金は費用である」という観点から、経営意思決定における情報の活かし方を説く。

税効果会計入門

岩崎彰
定価:本体830円+税
発売日:1999年09月30日
ISBN:978-4-532-10795-6
並製/新書判/197ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

会計ビッグバンに伴い導入された税効果会計。税額計算から開示まで、実務のポイントを事例に基づきやさしく解説。併せて「税金は費用である」という観点から、経営意思決定における情報の活かし方を説く。

目次

  1. Ⅰ 税効果会計の基本
    Ⅱ 税金費用の求め方
    Ⅲ 税効果会計の対象項目
    Ⅳ 税効果会計の実務処理
    Ⅴ 連結・中間の税効果会計
    Ⅵ 税効果会計の表示と開示

著者・監修者プロフィール

岩崎 彰(いわさき あきら)

1945年新潟県生まれ。1969年慶應義塾大学商学部、監査法人中央会計事務所(現・中央青山監査法人)入所。1977年公認会計士登録。1989年税理士登録、同監査法人退所。1990年岩崎公認会計士事務所設立、現在に至る。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading