採用、女性活用、働き方改革、メンタルヘルスなど、人事で企業内の課題を発見し解決するためのデータ分析をわかりやすく解説。

日本の人事を科学する
因果推論に基づくデータ活用

定価:本体2,300円+税
発売日:2017年06月16日
ISBN:978-4-532-32150-5
並製/四六判/256ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

採用、女性活用、働き方改革、メンタルヘルスなど、人事で企業内の課題を発見し解決するためのデータ分析をわかりやすく解説。

◆働き方改革の実行や、女性管理職の育成、労働生産性アップ、ストレスチェックなど、人事部門は、様々な課題について現状を正確に把握し、数値目標を立てて改善に取り組まねばならなくなった。本書は、多くの日本企業が抱えるこれらの人事上の課題を、データを使ってどのようなに分析し、活用すればよいのかを解説。

◆著者が、株式会社ワークスアプリケーションズや経済産業研究所(RIETI)と連携して行ってきた研究成果を活かし、具体的に、読者が自分の会社で使えるように解説する。

◆女性の管理職育成が候補者を選ぶところから行き詰まってしまうのはなぜか、早期退職者を減らすにはどうしたらよいか、労働時間管理をどのように行えば良いのかなど、具体的にいま日本企業が抱えている問題を取り扱う。

目次

  1. 第1章 なぜ人事データの活用が必要か――人事部が抱える問題

    第2章 統計的センスを身につける

    第3章 女性活躍推進施策の効果をどう測ったら良いか

    第4章 働き方改革がなぜ必要か、どのように効果を測ったら良いか

    第5章 採用施策は、うまくいっているか

    第6章 優秀な社員の定着率を上げるためには何が必要か

    第7章 中間管理職の貢献度をどう計測したら良いか

    第8章 高齢化に対応した長期的施策を今から考えよう

    第9章 人事におけるデータ活用はどう発展するか

著者・監修者プロフィール

大湾 秀雄(おおわん ひでお)

東京大学社会科学研究所教授。経済産業研究所ファカルティーフェロー
1986年、東京大学理学部数学科卒業、野村総合研究所入所。1999年スタンフォード大学経営大学院博士課程修了(Ph.D.).ワシントン大学ビジネススクール助教授、青山学院大学教授などを経て現職。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading