仕事への動機づけをいかに引き出すか。ライバルの選び方・ストレスへの対処・参加重視の組織づくりなど、身近な問題を取り上げながら、人を生かすマネジメントをやさしく解説。

モチベーション入門

定価:本体830円+税
発売日:1993年08月05日
ISBN:978-4-532-10481-8
並製/新書判/182ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

仕事への動機づけをいかに引き出すか。ライバルの選び方・ストレスへの対処・参加重視の組織づくりなど、身近な問題を取り上げながら、人を生かすマネジメントをやさしく解説。

目次

  1. I 会社人間のメンタリティ
     1 モチベーションとは
     2 人は、なぜ働くのか
     3 モチベーションの基本的な考え方
     4 満足と動機づけ
     5 会社人間の行動律

    II モチベーションの考え方
     1 モチベーションの理論
     2 欲求説
     3 公平説
     4 強化(学習)説
     5 期待説

    III 人はカネのみに生きるか
     1 ウチの論理、ソトの論理
     2 賃金再考
     3 人間関係
     4 ウチなる動機づけ
     5 目標設定の考え方

    IV 人を生かす組織とは
     1 疎外された労働
     2 働きがいのある仕事の創造
     3 人間関係の改善
     4 風土づくり
     5 生活の質について

    V 組織の一員になるということ
     1 所属と準拠の違い
     2 ロイヤルティの獲得
     3 自由であるということ
     4 ネオ・プロフェッショナリズムの勃興
     5 組織のインテリジェンスとモチベーション

    VI モチベーション管理の手法
     1 参加の心理学
     2 コミュニケーションと役割行動
     3 リーダーシップ訓練
     4 キャリア開発
     5 モチベーションを自己管理する方法

    COFFEE BREAK

著者・監修者プロフィール

田尾 雅夫(たお まさお)

1946年香川県に生まれ。1970年京都大学文学部卒業。1978年京都府立大学文学部助教授。現在、京都大学経済研究科教授。 <主な著書>『仕事の革新』(白桃書房、1987)、『行政サービスの組織と管理』(木鐸社、1990、日経経済図書文化賞受賞)、『新しい産業心理』(共著、福村出版、1990)、『組織の心理学』(有斐閣、1991)、『ヒューマン・サービスの組織』(法律文化社、1995)、『バーンアウトの理論と実際』(共著、誠信書房、1996)、『コンピュータ化の経営管理』(共著、白桃書房、1996)、『脱・会社人間』(福村出版、1996)、『企業小説に学ぶ組織論入門』(有斐閣、1996)、『会社人間の研究』(編著、京都大学学術出版会、1997)、『ボランタリー組織の経営管理』(有斐閣、1999)、『ヒューマン・サービスの経営』(白桃書房、2001)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading