定年後の海外ロングステイ――その準備から暮らし方、緊急事態への対応までを詳しく解説します。資金計画や生活スタイルの決定まで、書き込みシートや行動リスト満載で、第1歩を踏み出す時に使える実践書です。

定年後を海外で暮らす本
目的別ロングステイのすべて

定価:本体1,400円+税
発売日:2004年03月10日
ISBN:978-4-532-16455-3
並製/A5判/213ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

定年後の海外ロングステイ――その準備から暮らし方、緊急事態への対応までを詳しく解説します。資金計画や生活スタイルの決定まで、書き込みシートや行動リスト満載で、第1歩を踏み出す時に使える実践書です。

目次

  1. 第1章 はじめよう! 海外暮らし
     1 定年後の海外暮らしは、当たり前の選択肢となった
     2 「今」をどう捉えるかが成功と失敗の分かれ目
     3 海外暮らしを可能にするセカンドライフの設計図
     4 自分にあった海外暮らしのパターンを決める  他

    第2章 失敗談から学ぶ
     1 海外暮らしを実現するまでの手順
     2 海外暮らしでは、すべてが自分に跳ね返ってくる
     3 情報収集と自分の適応力
     4 言葉の問題は避けて通れない  他

    第3章 海外暮らしの準備
     1 3カ月の滞在で何をするか
     2 準備に必要なチェック項目を整理しておこう
     3 現地の情報を集めるコツ
     4 下見旅行は誰から情報を得るかで決まる  他

    第4章 海外暮らしの実際
     1 住まいについて考える
     2 滞在先あれこれ、その種類と使い勝手を知る
     3 現地の「食」事情を知る
     4 娯楽に充てる費用を考える  他

    第5章 目的1 最後の留学
     1 海外暮らしの目的が留学
     2 ツアーで行く語学留学
     3 カナダの大学で学ぶ
     4 ハーバード大学に留学することだって夢ではない  他

    第6章 目的2 ボランティアで働く
     1 ボランティアという選択肢を考えてみる
     2 あなたの知らないボランティア活動が必ずある
     3 これからスキルを磨いても遅くない
     4 草の根大使となって得る生きがい
     5 海外ボランティアに参加するにはどうすればよいか

    第7章 目的3 趣味に生きる
     1 趣味が海外暮らしの目的
     2 とことん楽しむ気持ちならば、どんな趣味でも実現できる
     3 ロングステイ体験ツアーを利用して各国めぐり
     4 手作りの楽しさを体験する
     5 いくつかの注意事項の確認

    第8章 目的4 永住を決意したら
     1 海外でずっと暮らすことをイメージできるか
     2 永住の心がまえ
     3 永住のための食住チェック
     4 日本にいる家族や親類、そして夫婦の関係

    付録1 資金計画書き込みシート
    付録2 各国情報の読み方
    付録3 海外暮らしのサポート団体

著者・監修者プロフィール

中村 聡樹(なかむら さとき)

株式会社 地暮 代表取締役
1960年兵庫県生まれ。1985年中央大学経済学部卒業。新聞記者などを経て、2006年、地域の医療・介護事業をサポートする会社「地暮」を設立。長年、海外施設の見学ツアーを主催しており、日本人の海外暮らし事情にも詳しい。
著書に『図解 介護保険のサービス内容・料金 早わかりガイド』(日本実業出版社)、『最新改訂版 上手に活用! 介護保険&介護サービス』(学研パブリッシング)などがある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading