「人生において、人は誰しも困難な選択を迫られる……人生とは、そうした選択の繰り返しである」ヒラリーが直面した危機、選択、挑戦とは? それは彼女の未来観をどう変貌させたのか? 全米No.1ベストセラー!

定価:本体2,000円+税
発売日:2015年05月01日
ISBN:978-4-532-16941-1
並製/四六判/456ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
POP
/1 MB
ダウンロード
A4パネル
/1 MB

おすすめのポイント

「人生において、人は誰しも困難な選択を迫られる……人生とは、そうした選択の繰り返しである」ヒラリーが直面した危機、選択、挑戦とは? それは彼女の未来観をどう変貌させたのか? 全米No.1ベストセラー!

【いよいよ大統領選出馬!】
【新しくペーパーバック版のために書き下ろしたエピローグを収録】
ヒラリーが直面した「選択」を克明に記した大ベストセラーの最新自伝!
「人生において、人は誰しも困難な選択を迫られる……人生とは、そうした選択の繰り返しである。選択と対処が自分自身を形作っていく」(本書より)

■未来への見方を変えた4年間
2008年の大統領予備選後、ヒラリーは上院議員の職に復帰するつもりだった。だが予想外なことが起きる。民主党の大統領候補指名を争ったライバルであり、大統領に当選したばかりのバラク・オバマが、彼女に国務長官就任を要請したのである――。

ヒラリーとオバマは、日本を含む同盟国との関係を再構築し、アフガニスタンとイラクにおける戦争を終結させ、世界金融危機に対応した。そして台頭する中国、イランと北朝鮮という脅威、アラブの春といった難題にも向き合った。また、ウサマ・ビンラディンを捕らえるために、リビアからアフガニスタン……危険なあらゆる場所に国民を送るという難しい決断も下してきた。

この回顧録は、類例ない歴史的な4年間に、ヒラリーが国務長官として経験した危機、難題、そして選択を明らかにするものである。

関連リンク

著者・監修者プロフィール

ロダム・クリントン,ヒラリー(ろだむ・くりんとん ひらりー)

前アメリカ国務長官
弁護士、法律家、ファーストレディ、上院議員として約40年弱にわたって公職に奉じたのち、2009年から2013年まで国務長官を務めた。回顧録である『リビング・ヒストリー』、児童書の『私たちが子どもの未来のためにできること』などベストセラーを含む著作が多数ある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

日本経済新聞社 (にほんけいざいしんぶんしゃ )

関連著者・監修者 商品

もっと見る

now loading

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading