材料、設備、人、方法、管理を最適に組み合わせ、工程管理全般を合理化するIE(Industrial Engineering)。本書は、個々の工程の改善方法である専門分析などを具体例をあげて解説。

コストダウンのためのIE入門

定価:本体830円+税
発売日:1995年08月04日
ISBN:978-4-532-10720-8
並製/新書判/171ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

材料、設備、人、方法、管理を最適に組み合わせ、工程管理全般を合理化するIE(Industrial Engineering)。本書は、個々の工程の改善方法である専門分析などを具体例をあげて解説。

目次

  1. I IEとは何か
     1 IEとは
     2 コストダウンのためのIE手法
     3 IE手法による改善の流れ

    II PQ分析と総括工程分析
     1 PQ分析による改善対象の明確化
     2 PQ分析図の活用法
     3 総括工程分析

    III ワーク・サンプリングによる稼働分析
     1 ワーク・サンプリング
     2 統計的手法の活用
     3 稼働分析の実際
     4 標準時間の求め方

    IV 専門分析の手順とポイント
     1 流れ分析一機械設備レイアウトの最適化
     2 ライン・バランス分析一各工程能力の均衡化
     3 連合工程分析一人・機械の稼働率アップと機械の持ち台数の最適化
     4 運搬分析一ムダな運搬の排除

    V IEケーススタディ

    COFFEE BREAK

    用語解説

著者・監修者プロフィール

岩坪 友義(いわつぼ ともよし)

1949年生まれ。1993年千葉大学大学院自然科学研究科生産科学専攻(博士課程)修了。学術博士(Ph.D.)。カルピス食品工業(株)、中小企業大学校講師(非常勤)、シアトル国際短期大学助教授、玉川学園女子短期大学講師、(財)日本生産性本部主任経営コンサルタントを経て、現在、玉川大学助教授、埼玉県技術アドバイザー。 <主な著書>『7つの道具で進める「スーパーIE」』(日刊工業新聞社)、『「スーパーIE」活用法』(共著、日刊工業新聞社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading