「円高だと大変なの?」「デフレってどうして困るの?」 あなたなら家族にどう説明します? そんな誰にも聞けなかった疑問が、会話を読み進めるうちに氷解するニュースを本当に理解したい人のためのはじめの一冊。

誰にも聞けなかった
ニュースの経済

野口旭
定価:本体1,200円+税
発売日:2002年04月17日
ISBN:978-4-532-14970-3
並製/A5判/173ページ
購入画面へ進む

おすすめのポイント

「円高だと大変なの?」「デフレってどうして困るの?」 あなたなら家族にどう説明します? そんな誰にも聞けなかった疑問が、会話を読み進めるうちに氷解するニュースを本当に理解したい人のためのはじめの一冊。

目次

  1. 第1章 誰にも聞けなかった日本の実力

      1 トヨタの車は売れているのに、日本は不況なの?
      2 アメリカはうまくいって、日本はどうしてダメなの?
      3 GDPってどうして注目されるの?
      4 経済成長というけれど、どんなことが「成長」なの?
      5 日本の失業率はこんなに高くなって大丈夫なの?
      6 デフレだと、どうして困るの?

    第2章 ニッポンはいま何に苦しんでいるのか?

      1 「構造改革」の「構造」って何?
      2 不良債権って、どこが不良なの?
      3 どうしてバブル、バブルって騒ぐの?
      4 どうして郵便局を“民営化”しなくてはならないの?
      5 特殊法人って不要なの?
      6 公共事業ってどうして見直さなくてはいけないの?
      7 赤字国債って増えるとまずいの?

    第3章 倒産のニュースはどうして週末に流れるの?

      1 どうして週末になると金融機関がつぶれるの?
      2 ペイオフって大変なことなの?
      3 どうしてペイオフを始めるの?
      4 消費者金融と銀行ってどこがどう違うの?
      5 格付けが下がると、誰が困るの?
      6 ゼロ金利って、何がゼロなの?

    第4章 会社について聞けなかったこと

      1 ユニクロの商品は売れてるのに、
        スーパーの商品はどうして売れないの?
      2 トップの経営責任っていうけれど、どんな責任なの?
      3 トーショーヘイキンカブカって何?
      4 社長の給料って誰が決めているの?
      5 「会社更生法」は「民事再生法」とどう違うの?
      6 「売上高」「営業利益」「経常利益」どれが重要なの?
      7 ゼネコンってどんなパソコン?
      8 ITって騒がれたけど、本当に社会を変えるの?
      9 ブロードバンドって一体何?

    第5章 関係なさそうでありそうな財政

      1 財政の赤字が続くと何が起きるの?
      2 環境税ってどんな税金?
      3 税金を払っていない人がいるってほんとう?
      4 コーセー年金とかローレー年金とか、種類が多くてよくわからない。
      5 社会保障って何を保証するの?

    第6章 どうして円って、上がったり下がったりするの?

      1 「円高」「円安」って、そもそもなんなの?
      2 東京外国為替市場ってどこにあるの?
      3 円とドルってどこがどう違うの?
      4 アルゼンチンで何が起きてるの?
      5 中国の製品ってどうして安いの?
      6 貿易黒字が減り続けるとどうなってしまうの?
      7 サミットって何? なぜ毎年開かれるの?

著者・監修者プロフィール

野口 旭(のぐち あさひ)

専修大学経済学部教授。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。 <主な著書>『経済対立は誰が起こすのか』(ちくま新書)、『構造改革論の誤解』(共著、東洋経済新報社)、『国際経済学:理論と現実』(共著、ナカニシヤ出版)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading