老後破産はイヤ、でも投資は怖い―生きるうえで必ずぶつかるお金の疑問に、持ち味の異なる2人が、易しく、明快に、お答えします。

そこ、ハッキリ答えてください!「お金」の考え方 このままでいいのか心配です。

定価:本体1,500円+税
発売日:2016年10月18日
ISBN:978-4-532-35705-4
並製/四六判/312ページ
購入画面へ進む
ダウンロード
1版1刷 正誤表
/89 KB

おすすめのポイント

老後破産はイヤ、でも投資は怖い―生きるうえで必ずぶつかるお金の疑問に、持ち味の異なる2人が、易しく、明快に、お答えします。

老後破産はイヤだけど、投資って何だかだまされそう。
山崎先生、私の生き方に必要なお金の考え方と、明快な結論が出る運用知識を教えてください。

◆金融を知り尽くす著者だから言える楽しく生きるために必要な「お金の知恵」
金融業界のウラを知り尽くした明快な語り口でベストセラー連発の山崎氏と、女性向けを中心にライフ設計・資産運用アドバイスを手がける人気FPの岩城氏。持ち味の異なる2人が、実際に受けた相談をもとに、人生を楽しむための知恵と資産運用のコツをアドバイス。
結婚、教育、(住宅)ローン、転職、起業、老後の生活――必ずぶつかるお金に関わる問題を、テーマごとにQ&A形式でやさしく解説します。

◆やってはいけない投資・運用を具体的にアドバイス
個人向け社債、ドルコスト平均法、確定拠出年金、外貨建てゼロクーポン債、REIT、投資用マンション、NISA……話題の金融商品・投資手法から、金融・証券マンのセールストークの裏側まで、軽妙な語り口で実践的なアドバイスを提供。さらに女性ならではの視点から、結婚や老後の生活設計まで、大事なポイントに鋭く切り込みます。
世にはびこる不正確な投資知識や不適切な情報提供にはどんなものがあり、どうすればウソを見抜けるのか、いわゆる金融リテラシーも身につけられる一冊です。

目次

  1. 1 お金と男と女の話

    2 保険と年金はどこまで安心か?

    3 投資はしなければならないのか

    4 お金より大切な人生の選択

著者・監修者プロフィール

山崎 元(やまざき はじめ)

経済評論家。専門は資産運用。楽天証券経済研究所客員研究員。マイベンチマーク代表取締役。
1958年生まれ。1981年、東京大学経済学部卒業、三菱商事入社。野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券など12回の転職を経て現職。雑誌連載、テレビ出演多数。
著書に『信じていいのか銀行員 マネー運用本当の常識』(講談社現代新書)、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(共著、文響社)、『学校では教えてくれないお金の授業』(PHP研究所)、『全面改訂 超簡単 お金の運用術』(朝日新書)、『確定拠出年金の教科書』(日本実業出版社)ほか多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

岩城 みずほ(いわき みずほ)

ファイナンシャル・プランナー、CFP認定者。
慶應義塾大学卒。NHK松山放送局を経てフリーアナウンサーとして活躍後、FPとして独立。DCマイスター、日経新聞読み方講師などを務める。著書に『マネー芸人・天野っちの「アマノミクス」的蓄財術』 (監修、KKロングセラーズ)、『結局、いくら貯めればいいの?』(同文舘出版)、『30年後も安心に暮らせる!  お金の鉄則』(マガジンハウス)ほか。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。

同じジャンルの商品

もっと見る

now loading